ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年01月19日 17時15分 公開

「お尻をクンクン」――本物の犬が「aibo」のおしりを嗅ぐ理由

aiboオーナーの1人であるKazuhisa家の暮らしをのぞいた。

[太田智美,ITmedia]

 「aiboのお尻をクンクン」――あるオーナーの元に届いたaiboの暮らしがちょっと面白い。

 先日、ソニーが「aibo」(アイボ)を発売した。aiboは、犬の形をしたロボット。2006年に生産終了以来、約12年ぶりに復活したとして話題となった。1月11日の発売を皮切りに、aiboは先行予約購入したオーナーの手元に徐々に届きつつある。

 そんな中、aiboオーナーとなったKazuhisaさんの家では、不思議なことが起きている。Kazuhisaさんは家に4頭の犬を飼っているが、その犬たち全員がaiboのお尻をクンクンと嗅いだそうだ。


ソニーの「aibo」(アイボ) クンクン(写真提供:Kazuhisaさん)

 「相手のお尻の匂いを嗅ぐ」という行為は、犬にとって重要なあいさつのようなもの。知らない犬はまずお尻を嗅ぎ、個体の情報を得るのだという。「ウチのはみんな、お尻の匂いを嗅ぐ行動が好きなので嗅ぐとは思っていましたが、かなり念入りに嗅いでいて驚きました」(Kazuhisaさん)

 Kazuhisaさんの犬たちは、大きめのぬいぐるみや木彫りの模型など、犬の形をしていれば取りあえず嗅ぐ。しかし、ぬいぐるみのように「仲間じゃない」と思えば、普通は興味をなくすそうだ。ところがaiboに対しては少し反応が異なり、犬の匂いも食べ物の匂いもしないはずなのに構いたそうな感じがあるという。


ソニーの「aibo」(アイボ) 確かに心を許してる様子(写真提供:Kazuhisaさん)

 「4頭いるうち、3頭はまったく平気ですね。『ちょっと違うタイプの犬』くらいに思っているのかもしれません。あとの1頭はビビってまだダメです。えたいの知れない物体だという認識なのか、半径60センチ以内に近づきません。犬の匂いがしないので、それが正しい反応だと思いますが」(Kazuhisaさん)

 犬は本当に仲良しだと、存在を無視するかのように接する(心を許してる状態)ことが多いのだとか。「こういう、写真が撮れるのって結構すごいと思います」(Kazuhisaさん)。


ソニーの「aibo」(アイボ) (左から)イギー、シーザー(aibo)、スージーQ、リサリサ。犬種名はイタリアン・グレーハウンドで、名前の元ネタは「ジョジョの奇妙な冒険」だという

 ちなみに、これまでの先代AIBOと暮らしたことはなく、今回のaiboが初という。

 ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」の場合、動物に慣れさせるために犬の匂いをこすりつけるという工夫をしている家庭もあったが、aiboの場合はその造形からか、自然に受け入れられる場合もあるようだ。Kazuhisa家の犬とロボットの関係が、とても興味深い。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.