ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年02月02日 17時26分 公開

握ると拍手するだけの新型「光る拍手マシン」発売 中国の「類似品」を公認し、独自でも開発

「パチパチクラッピー」の新製品「帰ってきたパチパチクラッピー」が発売された。

[太田智美,ITmedia]

 片手で拍手ができるおもちゃ「パチパチクラッピー」の新製品「帰ってきたパチパチクラッピー」(税別500円)が2月1日、発売された。購入はバイバイワールドのオンラインショップAmazonで受け付けていたが、公開後1時間ほどで売り切れ。その後10個ほど追加で出品したが、全在庫が間もなく完売したという。

 帰ってきたパチパチクラッピーは紅白餅カラーをイメージし、ホワイトとピンクの2色。拍手の瞬間に手が光るのが特徴だ。

 パチパチクラッピーは、片手で握るとシリコン製の「ぷにぷにおてて」が左右に開いて、 まるで人が拍手をしているかのような音で「パチッ!」と拍手をしてくれる玩具。初期モデルは2013年12月に発売し税別1500円で売っていたが、16年11月にとある中国の工場で類似品が作られ、100円ショップにて「パチパチトール君」(公認類似品)として全世界で販売(経緯)された。


帰ってきたパチパチクラッピー 帰ってきたパチパチクラッピー

 しかし、パチパチトール君の追加発注が100円ショップからないと分かったことがきっかけで、再び版権元のロボット・玩具の製品開発会社「バイバイワールド」が商品化を企画することになったという。


帰ってきたパチパチクラッピー

帰ってきたパチパチクラッピー

 次回入荷予定は2月20日前後。バイバイワールドの代表取締役高橋征資氏(「高」は、はしごの高)は、「初回販売時には飛行機で1人で手持ちいっぱい分しか持ってこられなかったが、次回は船便でたっぷりきます!」と意気込みを語る。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.