ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年02月08日 18時31分 公開

教育用ロボット「Ozobot Evo」、日本上陸 音声再生や物体検知、遠隔操作も

教育用ロボット「Ozobot Evo」が日本に初上陸した。

[太田智美,ITmedia]

 キャスタリアは2月8日、米Evollveが開発する教育用ロボット「Ozobot」(オゾボット)の新機種「Ozobot Evo」(オゾボット エボ)を10日に発売すると発表した。全国の「MoMA Design Store」8店舗と同オンラインストアで先行販売する。価格は税込15800円。


教育用ロボット「Ozobot Evo」 教育用ロボット「Ozobot Evo」

 Ozobotは手のひらサイズの自走小型ロボット。「ライントレース」と呼ばれる機能を備え、紙やタブレット上に書かれた線をたどって自動走行できる。色を組み合わせたカラーコードを読み取らせることで、「右に曲がる」「一時停止」などの制御も可能だ。

 新機種の「Ozobot Evo」は、(1)スピーカーによる音声の再生(英語)、(2)近接センサーによる周囲の物体の検知、(3)Bluetooth経由でのスマホアプリによる遠隔操作──という新機能を備える。

 Googleの「Google Blockly」をベースにした 「OzoBlockly」(オゾブロックリー)を用いれば、タブレットやPC上で作成したプログラムを読み込ませて複雑な操作をすることも。JavaScriptを学習するためのプレビューモードでは、テキスト型言語の参照もできる。OzoBlocklyはブラウザアプリで、macOS X、Windows、Linux、iOS、Androidに対応している。

 キャスタリアは、米Evollveと契約を結んだ唯一の日本国内正規輸入代理店。今春以降、開発元とともに日本語化にも取り組む予定だ。


教育用ロボット「Ozobot Evo」

教育用ロボット「Ozobot Evo」

教育用ロボット「Ozobot Evo」 取り扱い店舗一覧

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.