ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年02月09日 09時30分 公開

iOSのソースコード、一部がGitHubに流出

iOSが起動する際の認証を担う「iBoot」のソースコードがGitHubに掲載されていた。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo 米AppleのiOSのソースコードの一部が流出した

 米AppleのiOSのソースコードの一部が流出し、何者かがGitHubで公開していたことが分かった。問題のコードは、その後Appleの要請に基づいて削除されたが、脱獄(Jailbreak)などに利用される可能性も指摘されている。

 Motherboardの2月8日の報道によると、GitHubに掲載されたのは、iOSが起動する際の認証を担う「iBoot」のソースコード。流出したのは「iOS 9」のコードだったが、一部は現在の「iOS 11」にも使われている可能性が高いという。

photo 流出したソースコードの一部(出典:Motherboard)

 これに対してAppleは、著作権者の許可なくソースコードが掲載されたとして、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいてGitHubに削除を要請した。「iBootのソースコードはAppleが著作権を有しており、オープンソースではない」と訴えている。

 MotherboardはiOSに詳しい専門家の話として、iBootのソースコードを入手すれば、セキュリティ研究者などが脆弱性を発見できてしまう恐れがあり、iPhoneやiPadに対する攻撃や脱獄(Jailbreak)などに利用される公算も大きくなると伝えている。

関連キーワード

ソースコード | iOS | Jailbreak | GitHub


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.