ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年02月15日 15時42分 公開

ロボティクス市場、AI活用で2021年には2兆円超える IDC Japan予測

IDC Japanは、国内商用ロボティクス市場予測を発表した。

[太田智美,ITmedia]

 IT専門調査会社のIDC Japanは2月15日、国内商用ロボティクス市場予測を発表した。産業用ロボット、サービスロボット、エンタープライズドローンの3つの市場を合わせ、2016〜21年の年間平均成長率は18.3%、2021年の支出額は2兆1236億円を見込む。


ロボティクス市場予測

 国内商用ロボティクス市場をけん引するのは、製造現場で活用される産業用ロボット。2017年には、AIを活用した産業用ロボットの取り組みが本格化し、18年以降も引き続きロボティクス市場をけん引するとみられている。2021年の国内産業用ロボット市場の支出額は、1兆4850億円に成長する見込み。

 サービスロボット分野は、業務効率化などを目的とした無人搬送ロボットの実証実験が行われるなどの取り組みも始まり、21年には6120億円に市場が拡大するとみられている。

 商用利用のエンタープライズドローンは、航空法や電波法などの法規制により飛行範囲が制限されているのが現状。一方で、通信事業者によるドローンビジネス支援サービスも開始されていることから、2018年以降活用が本格化するとしている。21年の支出額は266億円まで拡大すると予測している。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.