ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年03月09日 09時23分 公開

「クラッシュ・バンディクー」Switchに登場、任天堂機に12年ぶり 「ブッとび3段もり!」を移植

PlayStation向けで人気を博した「クラッシュ・バンディクー」シリーズのリマスター版が、Switchに登場。同シリーズの任天堂機対応は12年ぶり。

[岡田有花,ITmedia]

 任天堂は3月9日、かつてPlayStation向けで人気を博したアクションゲーム「クラッシュ・バンディクー」シリーズ初期3作品のリマスター版「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」を2018年にNintendo Switch向けに発売すると発表した。同シリーズの任天堂機対応は12年ぶり。ファンからは驚きの声が上がり、9日朝のTwitterトレンドに「クラッシュバンディクー」が入った。

画像 任天堂が公開したYouTube動画より
画像 9日朝のTwitterトレンドより

 「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」は、1996年以降、PlayStation向けに発売された「クラッシュ・バンディクー」「クラッシュ・バンディクー2 〜コルテックスの逆襲!〜」「クラッシュ・バンディクー3 〜ブッとび!世界一周〜」をリマスターして1本に収録したゲームで、昨年PlayStation 4向けに発売されたもの。

 同シリーズは当初、ソニー・コンピュータエンタテインメント(当時)がPlayStation向けに発売し、ソニー作品としての印象が強いが、現在は米ゲーム会社Activision Blizzardが権利を持っており、ソニー以外のプラットフォームへの展開も期待されていた。

 同シリーズが任天堂機で発売されるのは、2006年発売の「クラッシュ・バンディクー フェスティバル」(ニンテンドーDS)以来12年ぶり。ファンには「クラッシュ・バンディクーが任天堂機で出るの?」など驚きを持って迎えられ、9日朝のTwitterのトレンドに「クラッシュバンディクー」が入った。

画像
画像
画像
画像
画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.