ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月20日 12時39分 公開

再配達率3分の1に 宅配ボックスをアパートに設置 パナソニック

パナソニックが京都市内のアパートに宅配ボックスを設置したところ、再配達率が43%から15%に減少。届いた荷物のうち、宅配ボックスでの受け取りが28%を占めた。

[ITmedia]

 パナソニックは3月19日、京都市内のアパートに宅配ボックスを設置したところ、再配達率を15%に抑えられたと発表した。届いた荷物のうち、宅配ボックスでの受け取りが28%を占め、本来43%になるはずだった再配達率を、約3分の1に減らせたとしている。

photo アパートに設定したパナソニック製の宅配ボックス

 2017年11月〜18年1月、同社製のアパート向け宅配ボックス「COMBO-Maison」(コンボメゾン)39台を、市内5カ所のアパート(合計106世帯、学生・単身者が対象)に設置した。期間中の配達117回のうち、33回が宅配ボックスでの受け取りだった。約105キロのCO2排出量、宅配事業者の業務時間(約50時間)を削減できたという。

photo

 再配達は18回。「大きすぎて入らなかった」(9回)、「冷蔵品だった」(2回)、「ボックスがいっぱいだった」(2回)など、宅配ボックスが使えなかった理由も判明した。パナソニックは、大型サイズの宅配ボックスを追加すれば、再配達率を15%から8%まで減らせるとしている。

 また期間中、京都産業大学キャンパス内にも公共用の宅配ボックスを置いた。51人のモニターのうち29人が利用し、112個の受け取りがあった。

photo 京都産業大学キャンパス内にも宅配ボックスを設置

 京都市は大学と短期大学が合計39あり、人口の約1割が学生という「大学のまち」。パナソニックは「実証実験を通じ、再配達の問題を多くの学生に知ってもらうとともに、解決策の1つとして宅配ボックスを利用してもらえたことも成果と考える」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.