ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年04月16日 10時16分 公開

海賊版サイトブロッキング「心強いが、諸刃の剣」 漫画家・ちばてつや氏

政府が緊急対策としてまとめた海賊版サイトのブロッキングについて、漫画家のちばてつや氏は、「とても心強さを感じた」とともに、表現の自由の制約につながる「諸刃の剣」になりかねないとの心境を明かした。

[ITmedia]

 漫画やアニメを無断で掲載する海賊版サイトついて、政府が4月13日、ISPによる自主的なブロッキングを促すなどの緊急対策を決めたことを受け、人気漫画『あしたのジョー』などで知られる漫画家のちばてつや氏が公式サイトで、「とても心強さを感じた」とともに、表現の自由の制約につながる「諸刃の剣になりかねない」と心配しているとの心境を明かした。

 また、ストーリー漫画家などの交流団体・マンガジャパン(代表理事:里中満智子さん)もWebサイトで、ブロッキング歓迎の意思と、表現の自由に対する危ぐを表明している。

画像 ちばてつや氏の公式サイトより

 ちば氏は14日、公式サイトを更新。政府によるブロッキングの判断について「『マンガの危機』に真剣に向き合ってくれていることに、とても心強さを感じた」とした上で、「表現者として常に大切にしてきた『表現の自由』や『知る権利』において、今回の『ブロッキング』という手段が諸刃の剣になりかねない、と危惧してもいる」と心境を明かした。

 海賊版サイトの影響で「才能のある若い漫画家の皆さんが今、本当に苦しめられている」とし、「その酷い現実を見るほどに、守るべき自由の理念と、綺麗事では済まないかもしれない醜い現実のはざまで、身を引き裂かれるような思いを味わっている」としている。

 ちば氏は日本漫画家協会理事長。同協会は2月、海賊版サイトを批難する声明を発表しているが、ブロッキングについては14日現在、声明などは出していない。

画像 マンガジャパンの声明

 また、マンガジャパン(代表理事:里中満智子さん)は13日、Webサイトで声明を発表。違法サイトのブロッキングについて「『生み出す側』としてはとても心強い支えだと受け止めたが、同時に、そのような形でブロックすることが『表現の自由』を損なう方向につながるのではないかという不安も感じている」と危ぐ。

 その上で、違法サイトを存続させない有効な手段は、アクセスしないことだと指摘。違法サイトの利用を避けてもらうことで、「著作者や出版元の努力を応援するという気持ちで『生み出す力』を支えていただければ」と呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.