ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年05月18日 21時04分 公開

次世代の消防救助用ウエアラブル「スマートゴーグル」コンセプトモデルを公開 暗闇でも要救助者を確認

セイコーエプソンが次世代の消防救助用ウエアラブル機器のコンセプトモデル「スマートマスク」および「スマートゴーグル」を発表。スマートグラス「モベリオ BT-300」の技術を応用した。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは5月18日、次世代の消防救助用ウエアラブル機器のコンセプトモデル「スマートマスク」および「スマートゴーグル」を発表した。同社のスマートグラス「モベリオ BT-300」の技術を応用。災害時、赤外線カメラと併用することで、煙や停電により視界が妨げられても屋内の状況を把握できるという。

「スマートマスク」の外観(左)と内面(右)

 30の企業や団体、大学などが参画する「G空間情報を利用した救助システム及び消防活動に関する検討会」(日本消防設備安全センター主催)が検討を進めてきた、次世代救助システム「STAR RESCUE SYSTEM」のコンセプトモデル。STAR RESCUE SYSTEMは、建物や地下街などにビーコンを設置し、普段は道案内や広告などに活用しながら、災害発生時には消防隊が状況確認に利用するというもの。併せて救助隊員の装備についても検討を進め、スマートマスクやスマートゴーグルを開発した。

表示イメージ。赤外線カメラの映像に加え、空気残量のアラートや経過時間なども確認できる

 BT-300は、有機ELパネルを採用したシースルー型のスマートグラス。これをゴーグル部分に組み込むことで、視界を確保しつつ赤外線カメラの映像や隊長からの指示(テキスト)、空気残量、方位といった情報を映し出せるようにした。赤外線カメラを併用すれば暗闇の中でも要救助者の位置や高温の場所を確認できるという。開発はエプソンの他、重松製作所、エア・ウォーター防災、国際航業、小林防火服、櫻護謨の各社が担当した。

「スマートゴーグル」の外観。ゴーグル部分の機能はスマートマスクと共通だ

 スマートゴーグルのプロトタイプは「東京国際消防防災展2018」(5月31日〜6月3日、東京ビッグサイト)の日本消防設備安全センターブースで公開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.