ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年06月28日 12時10分 公開

ソフトバンク、Android版「+メッセージ」提供を再開

ソフトバンクが、配信を一時停止していたAndroid向けアプリ「+メッセージ」の提供を再開した。

[ITmedia]

 ソフトバンクは6月28日、配信を一時停止していたAndroid向けアプリ「+メッセージ」の提供を再開すると発表した。既に同アプリをダウンロードしていた利用者には、データをバックアップした上でアンインストールし、ダウンロードをやり直すよう呼び掛けている。

photo

 +メッセージは、NTTドコモ、KDDIと共同で提供を始めたSMSの新サービス。ソフトバンクは5月9日、既存のアプリ「SoftBankメール」をアップデートする形で提供を始めた。しかしアプリが切り替わったユーザーが「身に覚えのないアプリが入っている」などと勘違いしてアンインストールし、過去にSoftBankメールで送受信した内容が消えてしまった――という報告が相次いだため、同社は翌10日に配信を停止していた。

 新しい+メッセージアプリは、SoftBankメールアプリとは統合せず、別々に提供する。旧アプリと混同しないように、アイコンのデザインを変更した。今後+メッセージの機能拡充は、新しいアプリのみを対象に行うとしている。

 iOS向けアプリは、6月21日に提供を始めた。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.