ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月12日 11時11分 公開

磁気不良のキャッシュカード、ATMで自動修復 三井住友銀が開始

三井住友銀行は、キャッシュカードの磁気不良をATMで自動修復するサービスを始めた。ATMでカードの磁気不良を検知し、10〜20秒程度で修復する。

[ITmedia]

 三井住友銀行は7月11日、キャッシュカードの磁気不良をATMで自動修復するサービスを始めた。ATMでカードの磁気不良を検知し、10〜20秒程度で修復。カードの再発行手続き不要で引き続き使用できる。

画像

 同行の全ATMが対象で、残高照会・引き出し時に磁気不良を修復できる。ただし、磁気情報が著しく破損している場合は修復できないこともあるという。

 ICキャッシュカードと生体認証ICキャッシュカードが対象。SMBCデビット一体型キャッシュカード・クレジット一体型キャッシュカードは、2019年度以降対応する予定だ。

 磁気不良のキャッシュカードをATMで自動修復するサービスは、りそなグループやイオン銀行などが既に導入している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.