ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月12日 13時13分 公開

手のひら認証で決済、手ぶらで買い物 ミニストップで実証実験

ミニストップの一部店舗で、手のひら認証で決済を行う実証実験を9月に始める。イオンのクレジットカード決済に富士通の生体認証技術を活用する。

[ITmedia]

 富士通と、イオンフィナンシャルサービスの子会社イオンクレジットサービスは7月12日、生体認証技術を活用したカードレス決済の実証実験を、ミニストップの一部店舗で9月に始めると発表した。支払い時、クレジットカードやスマートフォンなどを取り出す必要がなくなる。イオングループの従業員を対象に実施する。

富士通 決済システム

 イオンのクレジットカード決済システムと、富士通の手のひら静脈認証技術を活用。店舗内レジに設置したタブレット端末に生年月日を入力し、認証端末に手のひらをかざすと決済が完了するという。利用には、手のひらの静脈の情報とイオンカードの情報をひも付ける事前登録が必要。

富士通 富士通の生体認証技術

 富士通は「手のひらは血管の本数が多く、複雑な配置であることから、認証精度が高く偽造は困難。非接触なので衛生的」と説明している。

 実証実験の結果を踏まえ、イオングループ各社での利用可能店舗を順次拡大する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.