ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月18日 08時43分 公開

モバイルアプリの「Googleアシスタント」に予定やリマインダーなどのビジュアル情報コーナー

AndroidおよびiOS版「Googleアシスタント」で、予定やリマインダーなど多様な情報をチェックできるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月17日(現地時間)、AndroidおよびiOS版「Googleアシスタント」で、ユーザーの予定やリマインダーを反映させたビジュアル概要情報表示を開始したと発表した。現在“ローリングアウト”中だ。

 assistant 1

 Googleアカウントで使っているカレンダーやGoogleマップ、Gmailをはじめとする多様なサービスでGoogleに提供している個人情報に基づいてユーザーに関連性が高いとGoogleが判断した情報が表示される。

 この情報を利用するには、Androidの場合、ホームボタンを長押しして(あるいは「OK Google」などの音声で)Googleアシスタントを起動し、右上の箱のようなアイコンをタップする(下図左)。

 表示される情報はパーソナライズされているので人によって異なり、位置情報や時間などにもよるが、例えばGoogleマップで「自宅」と「職場」を登録している場合、トップに職場までのリアルタイムな交通情報が表示され(下図中央)、Googleカレンダーの当日の予定がそれに続く。

 発注した荷物の搬送状況、予約した飛行機のフライト情報、Google Homeで設定したリマインダーなども表示される(下図右)。

 assistant 2

 将来的には「Google Keep」の他、「Any.do」や「Bring!」など、サードパーティーサービスの概要や、音楽やPodcastのお勧めなども表示する計画という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.