ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月18日 19時37分 公開

「ドア閉めたら照明消して」――自宅を“IoT化”する「au HOME」に新機能 Alexa連携も

KDDIが住宅向けIoTサービス「au HOME」を強化。複数のIoTデバイスを連携させる新機能を搭載する他、家電を音声操作できるスマートスピーカーも拡充する。

[ITmedia]

 KDDIは7月18日、ネット経由で家電などを操作できる住宅向けIoTサービス「au HOME」を強化すると発表した。複数のIoTデバイスを連携させる新機能を搭載する他、家電を音声操作できるスマートスピーカーも拡充する。

photo 「Amazon Echo」シリーズでもau HOMEでの家電音声操作が可能になる

 au HOMEは、外出先から自宅の施錠状態や窓の開閉状況を確認したり、エアコンやテレビなどの家電を遠隔操作したりできるサービス。専用デバイスや専用センサーを自宅に設置し、ネット経由で各種操作を行えるようにする仕組みだ。

 8月下旬以降、複数のIoTデバイスを自動で連携させる新機能を搭載。「このドアを閉めたら照明を消す」といった一連の流れを「au HOMEアプリ」で設定しておけば、その通りに対応デバイスが動作する。

 家電を音声操作できるスマートスピーカーも拡充する。従来は、米Googleの「Google Home」のみに対応していたが、8月7日以降、「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」を搭載した各種スマートスピーカーでも音声操作を行えるようにする。

 Google Home向け新機能も用意。スマートスピーカーに話し掛けたメッセージを、連携先のau HOMEアプリに通知し、スマートフォンが手元になくても家族に連絡を取れるようにするという。

photo Google Home向け新機能のイメージ
photo 対応デバイスも拡充する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.