ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年07月26日 14時59分 公開

火星に液体の水存在 レーダーで証拠発見

現在の火星に液体の水があるとする報告は初めて。

[井上輝一,ITmedia]

 火星の南極近くの氷河の下に液体の水があると、イタリアの研究チームが7月25日、米Science誌に発表した。これまで、過去の火星に液体の水があったとする報告はあったが、現在の火星に液体の水があると確認した報告はなかった。

火星南極の氷河下に液体の水が存在(クレジット:NASA/JPL/Malin Space Science Systems)

 研究チームは火星探査船に搭載した低周波レーダーを用い、2012年5月〜15年12月にわたりデータを収集。データを調べると、南極付近の氷河の約1.5キロ地下に安定した液体の水があると解釈できるという。

黒枠で囲まれた部分が液体の水があると考えられる領域

 また、この1カ所だけでなく、他の場所にも地下水がある可能性も否定できないと研究チームは考察している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.