ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月02日 09時04分 公開

Google、中国でグレートファイアウォール対応検索サービス「Dragonfly(コード名)」を準備中か

中国政府の検閲に反発し、事実上中国本土での検索サービス提供を停止していたGoogleが、中国政府による検閲・フィルタリングに準拠した検索アプリを早ければ半年後に提供するとThe Independetが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 2010年から中国での検索サービス提供を停止している米Googleが、サービス再開に向けて準備中だと、米The Interceptが8月1日(現地時間)、Googleの匿名従業員の談話および入手した内部文書に基づいて報じた。

 china

 中国での検索サービス再開プロジェクトは「Dragonfly(トンボ)」というコードネームの下、2017年春に立ち上げられ、12月にスンダー・ピチャイCEOの訪中の際、中国政府と会談してから加速したという。

 このサービスは中国政府がいわゆる「グレートファイアウォール」で検閲・遮断しているWebサイトは検索結果に表示しない。また、政府がブラックリスト化している検索キーワードを入力すると検索結果が表示されないという。

 この検索アプリのプロトタイプは既に中国政府に提案中で、向こう6〜9カ月中に承認される可能性がある。

 Googleは2010年1月、中国政府による人権活動家へのサイバー攻撃やWeb上の言論の自由を抑圧する動きに反対し、中国版検索サービスへの検閲撤廃を政府に求めたが、中国政府がこれを拒否したため、事実上サービスを停止した。

 china 2 Google検索には中国からはアクセスできない(透明性レポートおより)

 同社は昨年12月、中国でAIラボを開設し、今年6月にはネット通販大手のJD.comへの出資を発表した。

 The IndependentにDragonflyについてリークした匿名希望の従業員は「私は大企業と政府が人々の抑圧で協力することに反対だ。透明性が公共の利益になると思う」と語った。このプロジェクトについては、Google内でも一部の幹部と関連チームしか知らないという。

 Googleはこの件について問い合わせた米Bloombergなどのメディアに対し、「われわれは中国で、Google翻訳やFiles Goなどのアプリを提供し、中国の開発者を支援し、JD.comなどの中国企業への投資をしている。だが、将来の計画についての憶測にはコメントしない」という声明文を送った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.