ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月16日 07時00分 公開

「もはやTwitterは個人開発者など眼中にない」――クライアントアプリ「SobaCha」開発者がUser Streams廃止に思うこと (1/2)

登録者数10万ユーザーを擁するTwitterクライアント「SobaCha」の開発者が、User Streams廃止など現在のTwitterの運営について考えを述べた。

[井上輝一,ITmedia]

 8月16日、Twitterのリアルタイム更新機能である「User Streams API」の提供が終わる。

 User Streamsを使わないWeb版のTwitter画面やスマホ向けTwitter公式アプリでは、新規ツイートを読み込むのにユーザーが毎回手動で更新しなければならないのに対し、User Streamsに対応するサードパーティークライアントではリアルタイムに自動で新たなツイートなどが表示されていくのがメリットだった。

 「バルス祭り」をご存じだろうか。日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」が「天空の城ラピュタ」を放映する際、主人公のパズーとシータが滅びの呪文「バルス」を唱えるのに合わせ、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)やTwitterなどで一斉に「バルス!」と書き込む行事だ。

 リアルタイムにツイートが流れていくと、こうした祭りで極端に流速(時間毎に現れるツイート数)が上がるのを目視で実感できた。User Streamsは、このようないわゆる「実況」用途や、チャット的なリアルタイムコミュニケーション用途でTwitterを盛り上げるのに一役買っていた機能だった。

 Twitter公式が搭載しないこともあり、サードパーティーの開発者にとってUser Streamsの実装は魅力的だった。Android向けの国産クライアントでは、「メガネケエス」(開発者:ひさき @moyashimanjyu)がUser Streams対応クライアントとして2010年秋に登場したのを皮切りに、「ShootingStar」(開発者:@haru067)、「SobaCha」(開発者:わかめそば @wakamesoba98)などが続いた。

 今回、現在まで積極的にSobaChaのメンテナンスを続けているわかめそばさんに、User Streams廃止やTwitterのサードパーティーへの対応について思うところを聞いた。

Twitterクライアント「SobaCha」
わかめそばさん(@wakamesoba98)

(以下、わかめそばさんによる寄稿)

いくつかの文化が失われてしまうのでは

 まず、今回の「User Streams API」廃止と「ダイレクトメッセージの取得日数制限」では、Twitterの公式サービスであるWeb版や、スマホ向け公式アプリ、今や公式アプリとなったマルチカラム対応クライアント「TweetDeck」について一切の影響はありません。

 今回の変更は、Twitterが提供するAPIを利用しているサードパーティーのTwitterクライアントに対し、Twitterからの情報取得制限をより厳しくするというものです。

 User Streamsのリアルタイム更新機能によって、これまでにさまざまな文化が育まれてきました。フォロワーとチャット感覚でツイートを送信したり、アニメを視聴ユーザーどうしで実況したりといった、リアルタイムでタイムラインが流れていくからこその楽しみ方がユーザー側から生み出されてきました。

 年越しを迎え、新年あけましておめでとう、そんなツイートが目にも止まらぬ速さで流れていくのを、お祭りの一員として参加しているかのように眺めるのが、毎年の楽しみでもありました。

 そんなUser Streamsの終了によって、サードパーティーのTwitterクライアントがその生命線を絶たれるだけでなく、上記のようないくつかの文化が失われてしまうのでは、と考えています。

「User Streams利用アプリ1%未満」は当然 Twitterが締め上げてきたから

 TwitterはUser Streamsの提供を終了する理由の1つとして「1%未満の月間アクティブアプリでしか利用されていない」としていますが、User Streams利用者がほんのひと握りであるというのは実際にそうだと思います。

 むしろ、ひと握りになるようにTwitterから制限されている、といっても過言ではないように感じています。

 サードパーティーのTwitterクライアントは、1つのアプリに対し10万ユーザーまでしか登録できないように、Twitterから制限されています。登録者数が10万人を超えた場合、新たなユーザーが登録できないように規制されてしまうのです。また、10万ユーザー登録があるような有名なアプリでも、複数アカウントや使い捨てのアカウントの登録などを考えると、アクティブユーザーはさらに少ないと思われます。

 これに対して、Twitterのアクティブユーザー数は3億3500万人です。おそらくUser Streamsを利用したTwitterクライアントを全て束にしても、Twitterのアクティブユーザー数の1%にも満たない、というのは事実でしょう。

 そうなるように、Twitterがこれまであらゆる手段でサードパーティーTwitterクライアントを締め上げてきたのですから。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.