ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年08月16日 17時30分 公開

プロ野球選手の投球をVRで体験 楽天生命パーク宮城で8月17日から

現役プロ野球選手の投球を再現したVRでバッティングを楽しめるアミューズメントブースが楽天生命パーク宮城で8月17日にオープンする。1プレイ(5球)を500円。

[ITmedia]

 野球スタジアム「楽天生命パーク宮城」(仙台市)に、現役プロ野球選手の投球を再現したVRでバッティングを楽しめるアミューズメントブース「楽天イーグルスVRホームランチャレンジ」が8月17日にオープンする。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する松井裕樹選手、岸孝之選手、則本昂大選手、藤平尚真選手、高梨雄平選手の5人が登場するという。1プレイ(5球)500円。

photo 「楽天イーグルスVRホームランチャレンジ」
photo 体験イメージ

 楽天イーグルスVRホームランチャレンジは、デジタルコンテンツの制作などを行うポリゴンマジックがアミューズメント機として開発した。NTTデータが提供する野球選手向けのVRトレーニングシステムの技術を活用し、現役プロ野球投手の投球フォームから球種、球速、球筋などもCGで忠実に再現。「アミューズメント機器として楽しむだけでなく、セミプロの方の本格的なトレーニングにも適している」(ポリゴンマジック)

photo VR制作の流れ

 今後ポリゴンマジックは全国にサービスを展開し、ゲームセンターなどへの導入も検討するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.