ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年09月06日 11時23分 公開

北海道で震度6強の地震 道内全域で停電

[ITmedia]

 9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振地方で最大震度6強の地震が発生した。北海道電力によれば、道内全域で約295万戸が停電(午前6時時点)。「復旧時刻は未定」(北電)としている。

 北電によれば、地震で道内の火力発電所が緊急停止し、電力の需給バランスが崩れたことで周波数が乱れ、停電が起きた。経産省によれば、水力発電所4カ所(高見、東の沢、雨竜、金山)が再起動しており、エリア最大の電源である火力発電所(苫東厚真)に電力を供給し、運転再開を試みているという。

photo 北海道電力の公式サイトより

 一方、国内通信キャリア3社は、停電や通信ケーブルの障害により、一部地域で通信サービスに影響が出ていると発表した。障害状況は、各社のWebサイトで確認できる(NTTドコモKDDIソフトバンク)。

 さくらインターネットの石狩データセンターにも影響が出た。停電後、一部サーバに障害が発生していたが、午前8時ごろに復旧した。北電からの送電は止まっているが、非常用発電設備により、正常に稼働しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.