ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月10日 03時13分 公開

「Made by Google 2018」まとめ

今年で3回目になるGoogleのハードウェア発表イベント「Made by Google 2018」で発表されたことと、されなかったことをまとめた。スンダー・ピチャイCEOは登壇しなかった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月9日(現地時間)、今年で3回目になるハードウェア発表イベント「Made by Google」イベントをニューヨークで開催した。発表されたことやされなかったことを時系列でまとめた。

ピチャイCEOは登壇せず

 過去の2回ではイベントの最初にスンダー・ピチャイCEOが登壇し、Googleの取り組みについて説明したが、今回は登壇しなかった。イベントの直前に50万人が影響を受ける可能性のあるGoogle+のバグが話題になったが、それについての言及もなかった。

 イベント全体を仕切ったのはハードウェア担当上級副社長のリック・オステルロー氏。昨年はピチャイ氏が語った「AI+Software+Hardware」のコンセプトについて、同氏が解説した。

 made 1 司会進行はリック・オステルロー上級副社長

 オステルロー氏は、Googleが「Your Own Personal Google」(パーソナライズ)、「Titan Security」(セキュリティ)、「Digital Wellbeing」(使いすぎ防止)を重視していると語った。

ラインアップを一気に紹介

 オステルロー氏は「Pixel 3」「Pixel Slate」「Google Home Hub」の画像を一気に紹介し、客席に設置された展示台に3種類のハードウェアが登場した。

 made 2

7インチディスプレイのスマートディスプレイ「Google Home Hub」

 最初に紹介されたのは「Google Home Hub」。10月22日に米国、イギリス、オーストラリアで発売する。価格は149ドル(約1万7000円)だ。

 made 3 「Google Home Hub」

 インテリアになじみやすい4色(白、黒、ピンク、アクア)展開で、明るさを周囲に合わせて調整する「Ambient EQ」やスマートホーム関連を管理する「Home View」機能を搭載する。フォトフレームのような機能「Live Album」は、スマートフォンで撮影した写真が“ライブで”追加される。AIが表示に適した写真を選ぶので、例えばレシートの写真などは表示されない。

関連記事

12.3インチディスプレイのタブレット「Pixel Slate」

 次は「Pixel Slate」。2in1でノートPCのようにも使えるが、キーボードとスタイラスは別売だ。価格は本体が599ドル、キーボードは299ドル、スタイラスは99ドル。北米と英国で年内発売の予定だ。

 made 4 「Pixel Slate」

 色はミッドナイトブルーのみ。別売のキーボードカバーはキートップが円形でバックライト付きだ。

 made 5 Pixel Slateのキーボードカバー

関連記事

日本でも発売予定の「Pixel 3/3 XL」

 最後にオリジナルスマートフォン「Pixel 3」が発表された。イベント直後に日本のGoogleストアで公開されたスペックで「Felica」対応であることが判明。「Google Pay」が使えるようだ。

 made 9 販売地域にJapanが

 日本での販売価格は、Pixel 3が9万5000円から、Pixel 3 XLが11万9000円から。Googleストアでウェイティングリストへの登録を受け付けている。

 made 6 Pixel 3とPixel 3 XL

 カメラの新性能「Night Sight」の説明では米Appleの「iPhone XS」との比較画像を紹介した。

 made 7 暗い環境での「iPhone XS」との写真比較

 ARキャラクタと一緒に撮影できる「Playground」や、デジタルウェルビーイング機能としての「Flip to Shhh」(端末をうつぶせに置くと「Do Not Disturb」モードになる)などの新機能も搭載する。

関連記事

無線充電スタンド「Pixel Stand」

 うわさされていた無線充電スタンド「Pixel Stand」は、Googleストアで既に販売されている。価格は9504円で、発売直後に購入したところ、配送予定は11月6日〜13日になった。

 made 8 「Pixel Stand」

関連記事

発表されなかったこと

 昨年発表のChromebook「Pixelbook」およびGoogleアシスタント搭載イヤフォン「Pixel Buds」の後継モデルは出なかった(Pixel 3付属のUSB-CイヤフォンにはPixel Budsと同様の機能を搭載しており、別売もする)。また、VRプラットフォーム「Daydream」関連の発表はなかった。また、事前にオリジナル端末は年内には出ないと判明していた「Wear OS by Google」搭載のサードパーティー製スマートウォッチについても触れられなかった。

 うっかり発売されていた新「Chromecast」もこのイベントでは発表されなかったが、公式ブログで発表され、同日Googleストアで発売された(本稿執筆現在、日本のGoogleストアからはまだ購入できない)。

 イベントの最後にオステルロー氏が再登場したが、Google+のプライバシー問題についてはやはり触れずに終わった。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.