ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年10月10日 16時14分 公開

民泊仲介のAirbnb、競合サイトへの「掲載制限」を撤廃

Airbnbが民泊代行業者に対し、他の仲介サイトへ情報掲載を制限していたとして、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで審査していた件で、公取委が審査を終了。

[ITmedia]

 民泊仲介サービス大手のAirbnbが民泊代行業者に対し、他の仲介サイトへ情報掲載を制限していたとして、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで審査していた件で、同委員会は10月10日、審査を終了すると発表した。Airbnb側から「速やかに措置を講じる」との申し出があり、委員会が検討したところ「疑いを解消するものと認められた」としている。

photo

 民泊代行業者は、APIを利用して仲介サイトに接続し、予約状況や価格設定などの情報を掲載する。公取委によれば、Airbnb Ireland UC(アイルランド・ダブリン)と日本法人のAirbnb Japanが一部の民泊代行業者と結んだ契約内容には、他の仲介サイトへのAPIを利用した接続などを制限する規定が含まれていた。

 公取委は「他の仲介サイトの運営事業者の排除につながる」として、こうした規定を問題視したところ、Airbnb側が「制限の権利を放棄する措置を速やかに講じる」と申し出たため、措置が講じられたことを確認の上、審査を終了することにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.