ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月11日 10時19分 公開

Magic Leap、リアルな人間のようなAIアシスタント「Mica」を紹介

MR(複合現実)に取り組むMagic Leapが開発者会議で、MRメガネ越しに交流できるリアルな人間の女性の姿のAIアシスタントのプロトタイプ「Mica」を紹介した。目を見つめて微笑み、ユーザーの動きに反応する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Magic Leapは10月10日(現地時間)、開発者会議L.E.A.P.で、MRメガネ「Magic Leap One」向けのAIアシスタントのプロトタイプ「Mica」(マイカ)を披露した。

 mica 1

 リアルな人間の女性のような容姿で、MRメガネ越しにユーザーと交流する。まだ会話はできないが、ユーザーの目を見て微笑み、ユーザーの動きに反応して、例えば首を傾ければ同じように首を傾ける。

 mica 2 表情豊かにユーザーの動きに反応する

 将来的にはAIアシスタントとして、ユーザーの質問や命令に対応するようになるという。

 基調講演では、Micaとは別の「Aya」(アヤ)というAIアシスタントのコンセプトも紹介した。Ayaは女性の容姿でユーザーと会話し、例えば「昨年のピンクフロイドのコンサートでやったぼくの大好きな曲のタイトルはなんだっけ?」と尋ねると、Ayaはネット上の情報やユーザーの個人データを解析し、「Another Brick in the Wallでしょう」と答える。部屋の明るさを検知して「少し暗いですね、照明をつけましょう」と言って照明をつけたり、ユーザーの感情を解析して、来客のことをユーザーが喜んでいれば自分から姿を消す。

 mica 3 Ayaは女性の姿をしたAIアシスタント

 Micaについてのデモは基調講演録画の1時間35分目くらいからだ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.