ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月22日 12時40分 公開

TikTokが音楽配信「AWA」と提携 年内に500万曲利用可能に

音楽定額配信サービス「AWA」が動画共有アプリ「TikTok」と業務提携。TikTok内での楽曲利用など両サービスの連携を進める他、新人アーティストの発掘やオリジナル楽曲の制作にも取り組む。

[ITmedia]

 サイバーエージェントとエイベックス・デジタルが共同出資するAWAは10月22日、動画共有アプリ「TikTok」と音楽事業で提携すると発表した。音楽ストリーミングサービス「AWA」で配信中の楽曲約2万5000曲をTikTokで利用できるようにするほか、AWAのTikTok公式アカウント開設などを通じてサービス間連携を強化。新人アーティストの発掘やオリジナル楽曲の制作、プロモーションにも共同で取り組む。

photo 「AWA」が「TikTok」と提携

 TikTokは、音楽に合わせた15秒動画を作成、投稿して楽しむSNS。中国企業のBytedanceが150カ国以上で提供しており、10〜20代の若年層を中心に人気を集めている。日本では10月18日にエイベックスとの提携を発表している

photo 「TikTok」(App Storeのアプリ紹介より)

 11月初旬から、TikTokの動画撮影時にAWAで配信中の約2万5000曲が利用可能に。対象楽曲は年内に500万曲を目指して増やしていく(参加レーベルは未定)。AWAの有料プランを登録しているユーザーは、TikTok上での楽曲フル再生にも対応。「TikTokを音楽プレイヤーとして楽しむことが可能になる」(AWA)としている。

photo 音楽配信サービス「AWA」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.