ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2018年12月03日 07時23分 公開

Google、一般向け「ハングアウト」も「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割へ

Googleが2020年中に一般向け「ハングアウト」を終了するという報道に、中の人が個人Twitterで反論。終了するのではなく、「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割するとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 一般向け「ハングアウト」が2020年に終了するという米9TO5Googleの報道に対し、米GoogleのHangout責任者、スコット・ジョンストン氏が個人のTwitterアカウントで12月1日(現地時間)に反論した。

 ハングアウトは終了するのではなく、エンタープライズ版と同様に「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割する計画であり、その時期は未定だとしている。

 ハングアウトChatとハングアウトMeetは、エンタープライズ版「G Suite」のサービスとして提供されている。ハングアウトChatは米Slackのコラボレーションツール「Slack」のようにルーム(Slackのチャンネルに当たる)を作って会話できるチャットアプリ。ハングアウトMeetは、100人までが参加できるビデオ会議アプリ。一般向けハングアウトもこの2つに分割されるとしても、すべての機能がそのまま使えるわけではなさそうだ。

 hangout 1 エンタープライズ版ハングアウトMeet
 hangout 2 エンタープライズ版ハングアウトChat

 ジョンストン氏によると、現在の「ハングアウト」はGoogle内では「ハングアウトクラシック」と呼ばれており、「最終的にはクラシックを終了させる予定だが、それはメッセージングとビデオ会議機能をサポートしなくなるということではない」という。

 ジョンストン氏は9TO5Googleの報道を「いいかげん(shoggy)」だと非難したが、ハングアウトが終了することは認めた形だ。ハングアウトユーザーは、時期はまだ不明だが、ハングアウトChatとハングアウトMeetに移行することになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.