ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2019年01月09日 11時25分 公開

Adobe FlashとConnect、Digital Editionsのアップデート公開

Flashのアップデートはバグの修正のみ。ConnectとDigital Editionsではそれぞれ1件の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは1月8日、Flash PlayerとAdobe Connect、およびAdobe Digital Editionsのセキュリティアップデートをそれぞれ公開した。いずれも優先度は「3」と比較的低く、システム管理者が判断したタイミングでの適用を推奨している。

 Flash Playerのアップデートは機能やパフォーマンスに関するバグに対応するもので、脆弱性の修正は含まれていない。対象となるのはWindows、macOS、LinuxおよびChrome OS。不具合を修正した最新バージョンは32.0.0.114となる。

photo 脆弱性が修正された最新バージョンは32.0.0.114となる(出典:Adobe Systems)

 一方、Adobe Connectのセキュリティアップデートではセッショントークン露呈の脆弱性に対処した。Adobe Digital EditionsのセキュリティアップデートはWindowsとmacOS、iOS、Androidを対象にリリースされ、情報流出の脆弱性を修正している。

 いずれの脆弱性も、緊急度は同社の3段階評価で上から2番目の「重要」と位置付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.