ニュース
» 2012年07月10日 16時38分 UPDATE

電力供給サービス:売電で年間3000万円の売上を見込む、工場の屋根に3000枚以上の太陽光パネルを設置

太陽光発電システムを自社施設に設置し、売電事業を始める企業が増えてきた。自社施設の屋根に設置して、発電した電力全量を売電するという形式が多い。大和ハウス工業は7月初旬から稼働を始める新築の工場の屋根に太陽光パネルを設置し、売電を始める。

[笹田仁,スマートジャパン]

 大和ハウス工業は2012年7月10日、新築した岡山第二工場(岡山県赤磐市)を7月11日から稼働させると発表した。さらに、岡山第二工場の屋根に大量の太陽光パネルを設置し、10月から中国電力に売電を始める予定であることも明かした(図1)。

Okayama Factory 図1 岡山第二工場の屋根に太陽光発電パネルを設置完了した後のイメージ図

 太陽光発電システムの設置工事は2012年7月中に着工し、9月末竣工の予定。第二工場の屋根(面積は約2万m2)に、合計3836枚の太陽光発電パネルを設置する。発電容量の合計値は816kW。発電した電力全量を売電する。

 設置する太陽光発電パネルには、4社の製品を採用した。シャープの製品を840枚、サンテックパワーの製品を同じく840枚、LGエレクトロニクスの製品を812枚、ソーラーフロンティアの製品を1344枚設置する。

 年間の総発電量は81万kWhとなる予定。これは、一般家庭1世帯が年間に消費する電力量(4734kWh、資源エネルギー庁の試算による)のおよそ170世帯分に相当する。年間売電売上はおよそ3000万円と見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.