ニュース
» 2013年02月05日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:福島・須賀川で6.35MWのメガソーラー建設計画

建設用品大手のLIXILは、福島県須賀川市に最大出力6.35MWのメガソーラーを建設すると発表した。LIXILはすでに熊本県と茨城県でそれぞれ最大出力3.75MWのメガソーラーを稼働させている。

[笹田仁,スマートジャパン]

 建設予定地は「LIXIL須賀川工場」(福島県須賀川市前田川扇町)。自社工場内の未利用地に太陽光発電システムを設置する(図1)。設置予定地の広さはおよそ9万8000m2。最大出力は6.35MWで、年間発電量はおよそ7800MWhとなると見込んでいる。発電した電力は全量東北電力に売電する。

Fukushima_Sukagawa_LIXIL_Megasolar.jpg 図1 LIXIL須賀川工場に太陽光発電システムを設置した後の予想図。出典:LIXIL

 着工は2013年春の予定で、竣工および稼働開始は2014年春の予定。メガソーラーには展望デッキや見学棟を併設する。訪問する人が太陽光発電システムが実際に動作しているところを見て、再生可能エネルギーへの理解を深めてもらおうという狙いだ。

 福島第一原子力発電所の事故を経験している福島県民こそ、地球環境に悪影響を残さない再生可能エネルギーを望んでいるのではないだろうか。須賀川工場のメガソーラーに展望デッキや見学棟を建設するという計画は、メガソーラーの間近で太陽光で発電しているところを見てもらい、再生可能エネルギーの大きな可能性を感じてもらえるという意味で意義ある取り組みと言えるだろう。

 LIXILはすでにLIXIL有明工場(熊本県玉名郡)とLIXIL岩井工場(茨城県坂東市)にメガソーラーを設置し、2011年2月から稼働を始めている。最大出力はどちらも3.75MW。須賀川工場のメガソーラーが完成すれば、合計の最大出力は13.85MWに達する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.