ニュース
» 2013年08月16日 11時00分 UPDATE

スマートシティ:ソフトバンク7つ目のメガソーラー、栃木県の産業団地で運転開始へ

全国各地でメガソーラーを展開するソフトバンクグループが、7番目のメガソーラーを8月23日に運転開始する。栃木県が運営する産業団地の中に建設したもので、発電能力は3MW(メガワット)になる。さらに同じ敷地内に1.6MWのメガソーラーを12月に稼働させる計画だ。

[石田雅也,スマートジャパン]

 ソフトバンクグループのSBエナジーが栃木県の矢板市にある産業団地で「ソフトバンク矢板ソーラーパーク」の建設を進めてきた。このメガソーラーは2基に分かれている。そのうちの第1基が完成して8月23日に運転を開始する(図1)。

sbenergy_yaita_sj.jpg 図1 「ソフトバンク矢板ソーラーパーク」の第1基の全景。出典:SBエナジー

 第1基の発電能力は3MW(メガワット)で、年間の発電量は304万kWhを想定している。さらに隣接する敷地に第2基を1.6MWの規模で建設中だ。12月下旬に運転を開始して、年間の発電量は164万kWhを見込む。第1基と第2基の発電量を合わせると、一般家庭で1300世帯分の電力を供給することができる。

 すでにSBエナジーは京都府と徳島県で各2カ所、群馬県と長崎県に各1カ所の合計6カ所でメガソーラーを稼働させている。矢板ソーラーパークの第1基が7カ所目で、合わせて17.8MWの発電能力になる。

 矢板ソーラーパークは栃木県が運営する「矢板南産業団地」の1区画を賃借して事業化するプロジェクトで、敷地全体の広さは8万6000平方メートルある。このうち第1基で3万6000平方メートル、第2基で2万2000平方メートルを使って太陽光パネルを設置する。隣接する区画では「シャープ矢板太陽光発電所」が2.3MWの規模で2013年3月から運転を開始している(図2)。

yaita_minami_sj.jpg 図2 「矢板南産業団地」の区画。出典:栃木県企業局

テーマ別記事一覧

 太陽光   都市・地域 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.