ニュース
» 2014年06月05日 11時00分 UPDATE

自然エネルギー:ゴルフ場の跡地に20万枚の太陽光パネル、1万6000世帯分の電力源に

三重県の津市で2014年1月まで営業していたゴルフ場が巨大なメガソーラーに生まれ変わる。オリックスが120万平方メートルの跡地に20万枚の太陽光パネルを設置して、2年後の2016年5月に発電を開始する計画だ。発電能力51MWのメガソーラーは三重県で最大の規模になる。

[石田雅也,スマートジャパン]

 メガソーラーの建設予定地になる「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」は、風力発電所が数多く集まる青山高原の一角にある。周囲にはゴルフ場がひしめき合い、競争の激しい地域だ。所有していた会社が土地と建物を売却して、メガソーラーの建設用地になった(図1)。

orix1_sj.jpg 図1 メガソーラーを建設する「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」の跡地。出典:オリックス

 120万平方メートルにおよぶゴルフ場の広大な跡地を生かして、オリックスが約20万枚の太陽光パネルを設置する予定だ。2014年6月中に着工して、2年後の2016年5月に発電を開始する計画である。

 発電能力は51MW(メガワット)になり、年間の発電量は5980万kWhを見込んでいる。一般家庭で1万6600世帯分の電力使用量に相当する。建設予定地の津市は日射量が豊富で、設備利用率(発電能力に対する実際の発電量)は13.4%と高い。年間の売電収入は20億円程度になる見通しだ。

 オリックスは2012〜2014年度の3年間で合計300MWのメガソーラーを開発する構想を進めている。すでに計画中のプロジェクトを含めて2年目の2013年度末(2014年3月末)に356MWに達して、さらに事業規模を拡大中だ(図2)。三重県がある中部は北海道と九州に次ぐ拠点になり、一方で電力小売事業も2014年4月から開始した。

orix2_sj.jpg 図2 オリックスグループのメガソーラー開発計画(2014年3月末時点)。出典:オリックス

テーマ別記事一覧

 太陽光   都市・地域 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.