ニュース
» 2014年09月11日 09時00分 UPDATE

スマートハウス:戸建住宅に蓄電池を標準装備、大京が東京で開始 (1/2)

大京は戸建て住宅ブランド「アリオンテラス」で家庭用の大容量蓄電池を標準装備すると発表した。東京都内の物件に限り、実施する。2014年9月に販売を開始する国立市内と東村山市内の物件から始める。

[畑陽一郎,スマートジャパン]

 大京は2014年9月、家庭用蓄電池に対する取り組みを発表した。同社の戸建住宅ブランド「アリオンテラス」を東京都内で分譲する場合、NECが製造した家庭用の大容量蓄電池を標準装備する*1)

 大京が導入するのは、ONEエネルギーが提供する家庭用蓄電池のレンタルサービス。戸建住宅の購入者は月額2900円を支払うことで、10年間、容量5.53kWhのリチウムイオン蓄電池システムを家庭内で利用できる。

 家庭用蓄電池を導入するメリットは2つあるという。第一に非常時の電源確保だ。系統からの電力が遮断されても、蓄電池用の分電盤(2回路)に接続された照明器具や家電を利用できる(図1)。利用できる電力は1回路当たり最大1000Wだ。

*1) 電力確保について、大京はまずマンションから対応を進めてきた。2011年10月着工物件(10階以上のもの)から順次、停電時にエレベーターを駆動させるための自家発電設備を導入している。2012年11月には東芝エレベータと共同開発したリチウムイオン蓄電システムを「ライオンズ市川妙典」(千葉県市川市」に導入。出力10kWの太陽光発電システムを蓄電池と接続し、停電時でもエレベーターを通常速度で運行できるようにした(関連記事)。

yh20140911Daikyo_blackout_590px.jpg 図1 停電時に電力を確保できる(クリックで拡大) 出典:大京

 もう1つのメリットは日常的なものだ。夜間に安価な電気料金のメニューを選ぶことで、日中の電気代を削減できる(図2)。蓄電池システムの利用状況をスマートフォンで動作する専用HEMSアプリケーション「ぴぴパッ!」を通じて閲覧できるため、電力の見える化が可能になる。節電予報や節電メニュー機能も利用できる。

 なお、同サービスにはシステムを遠隔監視する付加サービスや、蓄電容量が想定外に低下した場合の交換による性能保証サービスが付属する。

yh20140911Daikyo_prices_590px.jpg 図2 電気代を削減可能(クリックで拡大) 出典:大京
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.