ニュース
» 2014年10月27日 11時00分 UPDATE

自然エネルギー:首都圏のダムに水上メガソーラー、2015年度中に運転開始へ

東京湾岸の工業地帯に水を供給するためのダムが千葉県内に6カ所ある。そのうちの1つを利用して水上にメガソーラーを建設する計画が始まった。千葉県の企業庁が発電事業者を募集して、2015年度中の運転開始を目指す。首都圏で2カ所目の水上メガソーラーになる見通しだ。

[石田雅也,スマートジャパン]

 東京湾から5キロメートルほどの近距離に「山倉ダム」がある(図1)。工業用水を湾岸地域に供給するために建設したダムで、49年前の1965年から給水を続けている。空き地が少ない首都圏にあって、広さが60万平方メートルに及ぶダムの水面にメガソーラーを建設するプロジェクトが動き出した。

chiba2_sj.jpg 図1 「山倉ダム」の所在地と周辺地域の工業用水道ネットワーク。出典:千葉県企業庁

 山倉ダムを運営する千葉県の企業庁が発電事業者の募集を10月23日に開始した。ダムの水面のうち約3分の1にあたる18万平方メートルを事業者に提供して、太陽光パネルを水上に浮かべるフロート式のメガソーラーを建設する計画だ(図2)。パネルの設置枚数や発電能力は事業者の提案によって決まるが、設置可能面積をフルに使うと発電能力は10MW(メガワット)を超える。

chiba1_sj.jpg 図2 「山倉ダム」の全景とフロート式メガソーラーの設置イメージ。出典:千葉県企業庁

 国内では埼玉県の桶川市にある工業団地の調整池を利用した「ソーラーオンザウォーター桶川」が初めての水上メガソーラーで、2013年7月に運転を始めている(図3)。このメガソーラーでは1万2400平方メートルの水面に、4500枚の太陽光パネルを設置して1.18MWの発電能力がある。これに対して山倉ダムのパネル設置可能面積は10倍以上になる。

okegawa_sj.jpg 図3 「ソーラーオンザウォーター桶川」の全景。出典:ウエストエネルギーソリューション

 千葉県の企業庁は11月中に事業者を選定して、2014年度中に契約を締結したい考えだ。メガソーラーの運転開始は2015年度中を条件にする。水面の使用料は1平方メートルあたり年間45円を目安にしている。18万平方メートルを利用すると800万円程度になり、使用期間の20年間を累計すると約1億6000万円になる。

テーマ別記事一覧

 太陽光   都市・地域 


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.