ニュース
» 2015年07月17日 07時00分 UPDATE

太陽光:パズルのように屋根を埋められる太陽電池、公称値以上の最大出力を保証

三菱電機は住宅向け太陽電池モジュールの新製品「マルチルーフ 230Wシリーズ」を2015年8月25日に発売する。さまざまな形状をラインアップし、屋根の形状に合わせた効率の良いモジュール配置を可能にした。さらに工場出荷検査時にモジュールの公称最大出力値以上の出力確保を保証している。

[長町基,スマートジャパン]

 三菱電機は国内住宅用太陽光発電システムの新商品として、高出力化と設置容量増により発電量を向上できる単結晶無鉛はんだ太陽電池モジュール「マルチルーフ 230Wシリーズ」全7機種を2015年8月25日より発売する。限られた屋根のスペースを有効活用するため、高出力化に加えて多彩な形状をラインアップした。屋根の形状に合わせて最適な形状を組み合わせることで、設置容量の拡大による発電量向上を図る狙いだ。価格は税別7万3900〜15万6400円。(図1)。

rk_150716_mitsubishi01.jpg 図1 「マルチルーフ 230Wシリーズ」全7機種。多彩な形状をラインアップした 出典:三菱電機

 新製品の高出力化は光透過性の向上とモジュール発電ロスの減少で実現した。モジュール内部で太陽電池セルを保護する表面側の封止材に、より光を取り込める素材を採用し、従来できなかった300〜400ナノメートル近辺の波長域の光もセルに取り込むことができるようにした。また、セルの裏面側にある封止材の反射率を高め、モジュール内部の反射光をさらに効率良くセルに取り込めるようにし、高出力化を図っている(図2・3)。

rk_150716_mitsubishi02.jpg 図2 モジュールの構成部品/図3 表面側の封止材における取り込める光の波長域と透過率 出典:三菱電機

 さらに太陽電池セルとセルを直列に接続する配線の厚みを従来比25%増加させ、内部の電気抵抗を減らすことで出力向上を達成した。これらにより長方形モジュールで公称最大出力は従来比5W(ワット)増の230Wを実現している。セル間の配線の肉厚化は、曲がり部のゆがみの軽減にも貢献しており強度も高まっている。

 製品ラインアップは長方形の他、ハーフ・台形・スリム・スリムハーフの幅広い形状をそろえており、屋根の形状に最適に組み合わせることが可能。限られたスペースを最大限に活用できる(図4)。一部のモデルにはモジュール1枚1枚の表面側にシリアル番号がついたラベルを付しており、最大出力などモジュールの製造情報の追跡調査を可能にしている。

rk_150716_mitsubishi03.jpg 図4 屋根の形状に合わせた最適な配置が可能に 出典:三菱電機

 さらに全てのモジュールにカタログ記載の公称最大出力値以上の出力を約束する、同社独自の「プラストレランス基準」を設けている。この基準に基づき、モジュール内に使用する1枚1枚のセル特性をキメ細かく管理し、出力を均一化することで、モジュール全体の出力ロスを抑制し、工場出荷検査時にモジュールの公称最大出力値以上の発電量を確保するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.