ニュース
» 2015年10月09日 11時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:「変なホテル」の動力源が“水素”に、ハウステンボスが導入決定

ハウステンボスが2016年3月にオープンするスマートホテル「変なホテル」第2期棟に、東芝の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が導入される。東芝にとってH2Oneの初受注になるという。

[三島一孝,スマートジャパン]

 東芝の「H2One」は、太陽光発電設備、蓄電池、水素を製造する水電気分解装置、水素貯蔵タンク、燃料電池、水素エネルギーマネジメントシステム(水素EMS)を組み合わせた自立型のエネルギ―供給システム。水素を製造するための水の電気分解に必要な電力を太陽光発電で賄い、発生した水素をタンクに貯蔵し燃料電池で発電することで、電力と温水を生み出す仕組みをとる。そのため、二酸化炭素の発生を抑えた電力活用が可能な点が特徴となる(図1)。

photo 図1 「H2One」の外観 出典:東芝

 これらのエネルギーを活用してホテル・リゾート施設内のエネルギーを自給自足できる。日照時間が長い夏季に太陽光発電システムで発電した電気の余剰電力を利用して水素製造装置で水素を作り、水素タンクに貯蔵する。冬季にその溜めた水素を使って燃料電池で発電することで、年間を通じてホテル一棟分の電力量を供給するという。

photo 図2 システムの構成イメージ図 出典:東芝

 水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を水素貯蔵タンクとして搭載しており、従来利用していた水素タンクと比べて、貯蔵タンクを10分の1以下に小型化し、敷地面積が限られる場所への設置も可能となっている。

 東芝では、既に川崎市でH2Oneの地産地消型ソリューションの実証実験を開始している(関連記事)が、受注は今回のハウステンボスからのものが初めてとなる。東芝では今後もBCPモデル、リゾートモデル、離島モデル、事務所モデルなど水素地産地消型ソリューションの幅を広げていくとしている。

 ハウステンボスの「変なホテル」は第1期棟が2015年7月に開業。ロボットが受付をする点などに加え再生可能エネルギーを積極的に活用している点などで注目を集めた(関連記事)。第2期棟は2016年3月オープン予定で、先進技術によりリーズナブルで環境にも配慮することを目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.