ニュース
» 2016年02月01日 15時00分 UPDATE

太陽光:太陽光パネルの検査を片手で可能に、ハンディ型の傷検査装置が登場

システム開発の電子工学センター(EEC)は、ハンディ型の太陽光パネル傷探査装置「ソクラテスターPortable(ポ−タブル)」を、太陽光パネルメンテナンス事業者および太陽光パネルメーカー向けに開発した。2016年2月1日から受注を開始する。

[長町基,スマートジャパン]

 ソクラテスターPortable(以下、ソクラテスター)は、渦(うず)電流磁気誘導方式を利用した「世界初」(同社)のハンディ型の太陽光パネル傷探査装置(特許出願中)だ(図1)。

rk_160129_handy01.jpg 図1 「ソクラテスター Portable」の外観 出典:電子工学センター

 一般的に太陽光パネルのメンテナンス作業は、発電している状態で、電圧・電流測定・サーモグラフィーによる検査などが行われている。その際、故障と思われるパネルが見つかった場合、設置場所から取り外し、大容量の電源が必要な傷探査装置を使って個別に検査する必要があった。一方、ソクラテスターは電池駆動(単三形アルカリ電池4本)のハンディ型で、その場で手軽に傷探査を可能にした。

 使い方は、まず電源を入れて太陽光パネルにソクラテスターを当ててスライドさせる。パネルの傷を検出すると、本体のLEDが点灯しブザー音で知らせる仕組みだ。メーカー工場、一般家庭に設置したパネルまで、専門技術者に頼らずに傷探査ができるところが大きな特徴である。

 サイズは幅85.5×奥行170×高さ49ミリメートル。重量も約600グラム(電池重量を含む)とコンパクトで片手でも持てる。オプションの延長棒を利用することで、離れた場所や高所の傷探査にも対応可能だ。

 また、使用用途も太陽光パネルの点検検査をはじめ太陽光パネル設置時の初期不良検査、太陽光パネル出荷検査、入荷受け時の製品検査、リユース太陽光パネルの製品検査と幅広い。対象パネルはシリコン結晶型(単結晶、多結晶)で、同社では今後その他の太陽光パネルについても対応できるよう製品開発を続けて行く方針だ。なお、同製品は裏面電極のひび割れを検知するもので、フロントカバーガラス、バックシートなどの割れ、傷などは検知しない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.