ニュース
» 2016年03月04日 09時00分 UPDATE

スマートエネルギーWeek 2016:転換を図るシャープ、ZEHを軸に直流エアコンや停電対応冷蔵庫を提案 (1/2)

シャープは、太陽光発電関連の展示会「PV EXPO 2016」に出展し、ZEH向けなどを中心にエネルギーソリューション提案を行った。2015年12月に発売したDCハイブリッドエアコンに加え、“蓄電池連携家電”として停電対応機能付き冷蔵庫を2016年夏ごろに発売する考えを示した。

[三島一孝,スマートジャパン]

 シャープは、エネルギーの総合展示会である「スマートエネルギーWeek 2016」(2016年3月2〜4日、東京ビッグサイト)内の「PV EXPO 2016」に出展。住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」やクラウド蓄電池システム、蓄電池連携家電によりZEHを実現するホームエネルギーソリューションを提案した(図1)。

photo 図1 「PV EXPO 2016」のシャープブース

エネルギーソリューションへ転換

 同社は太陽電池事業などを2015年にエネルギーソリューション事業(エネルギーソリューションカンパニー)とし「地域のニーズに合わせたソリューション事業への転換」に向けた取り組みを推進中である。経営再建に向けた支援で現在精査中の鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資についても、提案されている第三者割当増資による4890億円の出資の内、100億円はエネルギーソリューション領域が予定されており、これらの研究開発や販路開拓投資に充てられる方針が示されている。

 具体的には、国内ではソーラーエネルギーと蓄電池をベースとしてHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)や省エネ家電、エコキュートなどの製品をクラウドと連携させたサービスの展開や、EPC(設計・調達・建設)やIPP(独立発電事業)の開発などを推進する方針を示している。

 今回の「PV EXPO 2016」でもこれらの方針のもと、「ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)実現」を提案の軸に据え、太陽光発電、クラウド蓄電池、クラウドHEMS、エコキュート、さらには蓄電池連携家電まで含めたホームエネルギーソリューションを紹介した(図2)。

photo 図2 ZEHを実現する製品群として「蓄電池連携家電」やHEMSなどを紹介した
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.