ニュース
» 2016年06月08日 15時00分 UPDATE

自然エネルギー:島根で風車29基の大型風力発電所が稼働、発電量は2万世帯以上に相当

島根県で風車を29基並べる大規模な風力発電所が2016年6月10日から稼働を開始する。SBエナジーと三井物産が手掛ける「ウィンドファーム浜田」だ。年間の発電量は一般家庭約2万3600世帯分に相当する見込だという。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 SBエナジーと三井物産は2016年6月7日、島根県浜田市に建設した「ウインドファーム浜田」が同年6月10日より営業運転を開始すると発表した。両社が出資する特別目的会社のグリーンパワー浜田を通じて運営を行う(図1)。

図1 「ウィンドファーム浜田」出典:SBエナジー

 ウィンドファーム浜田は、島根県の西部にある浜田市金城町および弥栄町の山の稜線に、フランスのアルストム社製の1670kWの風力発電機29基を設置する。発電所全体の出力規模4万8430kW(キロワット)の大規模な風力発電所で、年間予想発電量は8500万kWh(キロワット時)に相当する。これは一般家庭約2万3600世帯分の年間電力消費量に相当する発電量だ。

 今回の開発に伴って新設した建設・保守用道路は今後地元の造林事業者と共用し、地域社会への貢献を目指す。なお、ウインドファーム浜田はSBエナジーが手掛ける発電所の中で、初めて運転を開始する風力発電所となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.