ニュース
» 2016年07月01日 09時00分 UPDATE

電気自動車:世界初の「電気道路」がスウェーデンに、架線から電力を受けてトラックが走る (1/2)

スウェーデンの公道が2キロメートルにわたって「電気道路」になった。道路の上に電車の線路と同様の架線を張り、トラックの屋根から伸ばしたパンタグラフで電力を受けて走行する。化石燃料の削減に取り組むスウェーデン政府と民間企業が共同で推進する世界初の試みだ。

[石田雅也,スマートジャパン]

 世界で初めての「電気道路(Electric Road)」がスウェーデン中部のイェヴレ市で6月22日から利用できるようになった。片側2車線の公道のうち外側の1車線の上部に、電力を供給する架線が2キロメートルの長さで伸びている(図1)。

図1 スウェーデンで開設した世界初の「電気道路」。出典:Scania

 架線から電力を受けられるのは専用のハイブリッド電気トラックである。スウェーデンの大手自動車メーカーであるスカニア(Scania)が開発した大型の電気トラックで、運転席の上部に格納したパンタグラフを伸ばして架線から電力を受け取る仕組みだ(図2)。電力関連の技術はドイツのシーメンス(Siemens)が開発した。

図2 「電気道路」を走行中のハイブリッド電気トラック(上)、パンタグラフを引き出す途中の状態(下)。出典:Scania

 パンタグラフが架線から外れると、トラックは蓄電池に充電した電力を使いながら通常のエンジンを併用して走ることができる。充電容量が5kWh(キロワット時)のリチウムイオン電池を使って最長3キロメートルの走行が可能だ。トラックの排気量は9リットルで、360馬力を発揮する。車両の総重量は9トンある(図3)。

図3 ハイブリッド電気トラックの全景(画像をクリックすると拡大)。出典:Scania
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.