ニュース
» 2017年04月17日 11時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:太陽光発電のハイブリッド型システム、屋内壁に設置可能

長瀬産業と村田製作所は、家庭用太陽光発電・リチウムイオンバッテリーハイブリッドシステムを発表した。小型軽量であるため、屋内で壁掛け設置可能なことが特長という。

[庄司智昭,スマートジャパン]

屋内で壁掛け設置が可能

 長瀬産業と村田製作所は2017年4月、家庭用太陽光発電・リチウムイオンバッテリーハイブリッドシステム「エネイース」を共同で開発したと発表した。同システムは村田製作所のハイブリッド型パワーコンディショナー(パワコン)、長瀬産業が開発したリチウムイオンバッテリーと太陽光発電を組み合わせたシステムで構成されている。

 特長はハイブリッド型パワコン、リチウムイオンバッテリーともに小型軽量のため、屋内で壁掛け設置が可能なことという。その他、停電時に自律運転へ自動切り替えする機能や、システム異常発生時のメールアラート機能を備えている。「見える化ユニット」も提供しており、スマートフォンから発電量・消費量などが確認できる。

エネイースの概要 出典:長瀬産業
モニターの画面例 (クリックで拡大) 出典:長瀬産業

 ハイブリッド型パワコンの出力は3kWで、変換効率は94%。製品本体のサイズは525×351.5×152mm、取り付け金具を含めた重さは約23kgだ。リチウムイオンバッテリーの定格容量は2925Wh、重さは約40kg。サイズは667×403×158mmである。

 価格帯は非公開。長瀬産業がハウスメーカー向けに近日中から販売を開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.