ニュース
» 2017年05月10日 07時00分 UPDATE

電力供給サービス:東電、ガス料金プラン発表 サービスで東京ガスと差別化か (1/2)

東京電力エナジーパートナーは、家庭向け都市ガスの料金プラン「とくとくガスプラン」を2017年5月9日に発表した。東京ガスの「一般料金」と比較して、最大8%安くなる。また電気料金プランとセットで契約すると、毎月100円(税込)を電気料金から割引するという。

[庄司智昭,スマートジャパン]

東京ガスの一般料金より最大約8%安

 「年間2200万トンのLNG調達力、東京湾内に整備されたガス導管、熱量調整設備を活用してガスの供給体制を整えることで、2019年度中に100万件の顧客獲得を目指す」

 東京電力エナジーパートナー(以下、東電EP)の常務取締役である永澤昌氏はこう語る。2017年4月から始まった都市ガスの自由化に伴い、東京EPは家庭向け都市ガスの料金プラン「とくとくガスプラン」を2017年5月9日に発表した。

 とくとくガスプランは東京ガスと契約している家庭で、東電EPの新しい電気料金プランに契約した顧客が加入できる。新しい電気料金プランは「スタンダードS/L」「プレミアムS/L」「スマートライフプラン」「夜トク8/12」の4つだ*)

*)各料金プランの詳細は、東電EPのWebサイトから確認できる。

 料金体系に関しては、東京ガスの「一般料金」と比較して3%安くしている。適用開始から1年間は「スタート割」も適用し、さらに毎月のガス料金から5%割引するという。つまり最大で8%安くなる形だ。また電気料金プランとセットで契約すると、毎月100円(税込)を電気料金から割引する「ガスセット割」も提供する。

とくとくガスプランの概要 (クリックで拡大) 出典:東電EP

 加入者特典として利用できる「ガス機器修理サービス」の存在も強調する。使用するガス機器が故障した際、新品設置から10年以内の対象機器であれば、最大50万円(税込)まで無料で修理。24時間365日受け付けしており、何回でも修理が可能だ。

 対象となる機器は、日本ガス機器検査協会のJIA認証を受けたガスコンロとガス給湯器、ガスファンヒーターとなっている(業務用およびTES熱源機を除く)。

 突然発生した家庭のトラブルに対して、24時間365日サポートする「生活かけつけサービス」(月額300円)も、加入者には2018年3月まで無料で提供するという。

2017年5月10日から電話受け付けを開始

 ここからは、電気とガスを東電EPに切り替えた場合の料金比較を紹介する。契約電力が40Aで400kWh/月、ガスの月間使用量が40m2のモデルケースでは、東京電力の「従量電灯B」で年間13万7000円、東京ガスの一般料金で7万3900円を必要とする。

 これを東京電力のスタンダートS、とくとくガスプランに切り替えると年間7600円安くなるという。電気料金ではガスセット割により年間1200円、毎月たまるポイント制度により年間600円が割引される。これにより電気料金で年間1800円安くなる。ガス料金は8%割引で年間約5800円安くなることから、計7600円お得になる計算だ。

料金比較の他パターン (クリックで拡大) 出典:東電EP

 永澤氏は「顧客によっては、東京ガスのセット割の方が安いこともあるかもしれない。しかし最大50万円まで無料なガス機器修理サービスや、月額300円が必要な生活かけつけサービスが無料になることを考慮すると、有意性はあると考えている」と語る。

 とくとくガスプランは2017年5月10日から電話受け付けを開始し、同年7月1日から提供を開始する。販売スタート時は東京都および神奈川県で東京ガスと契約する家庭が、電気料金プランとセットの契約で加入できる。対象エリアは順次拡大予定とした。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.