ニュース
» 2017年05月23日 09時00分 UPDATE

太陽光:日照時間の長さで有名な北杜市、148枚の太陽光パネルで駅が生まれ変わる (1/2)

国内有数の日照時間を誇る山梨県北杜市に位置する中央線小淵沢駅。北杜市とJR東日本八王子支社は、小淵沢駅が「エコステ」モデル駅として2017年7月3日に生まれ変わると発表した。晴天日の日照時間帯における駅消費エネルギーを100%太陽光発電で賄うという。

[庄司智昭,スマートジャパン]

晴天日の日照時間帯を100%太陽光発電で賄う

 国内有数の日照時間を誇る山梨県北杜市。同市に位置する中央線小淵沢駅は「エコステ」モデル駅として、2017年7月3日に生まれ変わる――。エコステとは、JR東日本が省エネ機器や再生可能エネルギーといった環境保全技術を駅に導入する取り組みだ。

 北杜市とJR東日本八王子支社におけるエコステのコンセプトは、晴天日の日照時間帯における駅消費エネルギーを100%太陽光発電で賄うことである。具体的には、駅舎とホーム全てにLED照明を導入。ホーム上屋に108枚、駅舎屋根上には40枚の太陽光パネルも設置する。年間発電量の試算は5万3137kWh(キロワット時)という。

 JR東日本八王子市支社の広報担当者によると、採用した太陽光パネルのメーカー名は非公開としたが、発電効率や設置コスト、設置可能面積などから決定したとする。

 また駅の利用者がエコを実感する施策として、待合室への太陽熱暖房、太陽光発電の発電量や使用電力などを表示する「エコ表示モニター」も設置する予定だ。

全体完成イメージ (クリックで拡大) 出典:JR東日本八王子支社

 北杜市とJR東日本八王子支社では、2017年5月に発表したリリース上で「地域の人々や観光客に親しまれ、記憶に残るような駅舎を心掛けた」とコメントする。北杜市を囲む八ヶ岳や南アルプスの山々、山岳から湧き出る清流は重要な自然遺産と強調する。

 このような山岳と清流による風景を駅舎のデザインに取り込むため、カラーデザインは周辺環境に調和するようブラウン系を基調とし、一部に木材を活用したという。八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳、日本三大巨峰などを堪能できる「屋上展望デッキ」も設置する。

駅舎内観イメージ (クリックで拡大) 出典:JR東日本八王子支社

 新駅舎の建築面積は約775m2、観光案内所や交流スペース、トイレ(多目的含む)、物販店「MASAICHI本店」や「丸政そば」などの店舗を備えている。構造は鉄骨2階建て。小海線ホーム、中央線ホームにはエレベーター1基ずつを整備するとした。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.