ニュース
» 2018年01月29日 11時00分 公開

電力供給サービス:ガススマートメーターを共同開発、KDDIと東洋計器がLPWAを活用

KDDIと東洋計器は、LPガス事業者向けの新たなプラットフォームの構築や、ガススマートメーターなどの機器開発を共同で実施すると発表した。

[長町基,スマートジャパン]

 KDDIと東洋計器は2018年1月23日、セルラーLPWA(LTE-M)活用の共同推進についてこのほど合意したと発表した。今後LPガス事業者向けの新たなプラットフォームの構築や、ガススマートメーターなどの機器開発を共同で実施する。

 東洋計器は、ガス・水道業界向けの集中監視システム「りんどうシステム」(東洋計器が開発するテレメタリングシステムの商品名)の提供を1987年に開始し、海外での受注実績もある。KDDIはIoT向け通信サービスやクラウドサービス、データ分析サービスの提供に強みを持つ。

 今回両社はこうしたそれぞれの強みを生かし、LPガス事業者の業務効率化や利便性向上、LPガス契約者へ付加価値サービスを提供する新たなプラットフォームをクラウド上に構築する。加えて、LPガスメーター用送信機「IoT-R」(IoT型りんどう)の開発を行う。低消費電力・広範囲無線通信を特徴とするセルラーLPWA(LTE-M)に対応することで、低消費電力を実現し、電池で約10年間の双方向通信が可能になるという。従来電波が届きにくいと言われていた場所からも検針データを自動送信できるようにする。

KDDIと東洋計器の取り組みの概要 出典:KDDI

 東洋計器は、新プラットフォームとIoT-Rにより、新しいガス料金メニューの提案、料金滞納を防ぐプリペイドサービスの推進、データ分析によるガスシリンダ配送の効率化、スマートフォンアプリによるエネルギーの見える化、利用状況監視による高齢者の見守りサービス、Web利用明細・電子決済の標準化などを支援し、LPガス事業者とLPガス契約者の利便性向上への貢献を目指す。

 なお東洋計器は、全国の水道やガスメーターなどの検針情報や緊急通報を受信する「マルチセンター」をIoT-R対応したシステムに改修する計画。

 KDDIは、同プラットフォームのガス・水道分野への応用に留まらず、さらにその他の社会インフラを含めた共通プラットフォームとして他分野の事業者にも提供していく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.