ニュース
» 2018年03月05日 09時00分 公開

電気自動車:EVの充電履歴をブロックチェーンで管理、中部電力らが実証

中部電力らは電気自動車(EV)など電動車の充電履歴をブロックチェーン技術で管理する実証実験を開始。安価で信頼性の高い充電管理システムを実現するのが目的だ。

[長町基,スマートジャパン]

 中部電力、Nayuta(福岡市)、インフォテリア(東京都品川区)は2018年3月1日、中部電力の技術開発本部(名古屋市緑区)で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術の実証実験を開始した。

 今回の実証実験では、Nayutaが開発した、ブロックチェーンに対応した充電用コンセントと、インフォテリアが開発したスマートフォンアプリをBluetoothでつなぎ、いつ誰が充電したのかといった車両の充電履歴をブロックチェーンに記録し、セキュリティを担保しながら管理する技術の検証を実施する。

実証の概要 出典:中部電力

 ブロックチェーンは、ネットワークに参加する端末全てで同じ情報を持ち合うことで、情報が改ざんされにくいネットワークを構築する技術。また、情報を集中管理するサーバーを設置する必要が無いため、安価にネットワークを構築できる。

 この技術により、少ない導入費用で信頼性の高い充電管理システムを運用することが可能になり、例えば「EVを購入したいので、充電用のコンセントを設置して欲しい」などの入居者の要望に対して、集合住宅のオーナーにEVなどの充電設備を安価に導入できるなど、新たなサービスにつながる可能性があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.