ニュース
» 2018年04月05日 07時00分 公開

蓄電・発電機器:燃料電池で動く“船”、ヤンマーらが実海域で実証

ヤンマーらが燃料電池で動く船の実証試験を実施。搭載する燃料電池システムや蓄電池システムに求められる安全要件の妥当性を確認することができたという。

[長町基,スマートジャパン]

 水素で発電する燃料電池を、船に活用する取り組みが進んでいる。ヤンマーは、海上・港湾・航空技術研究所の海上技術安全研究所(海技研)および日本船舶技術研究協会とコンソーシアムを組み、国土交通省より受注した「水素燃料電池船の安全ガイドライン策定のための調査検討事業」の一環として、燃料電池を搭載した実船の試験を2018年2〜3月にかけて実施した。

燃料電池船の実証試験の様子 出典:ヤンマー

 同コンソーシアムでは、国土交通省が水素社会実現に向けて2015年度から3年計画で取り組んでいる「水素燃料電池船の安全ガイドライン策定のための調査検討事業」で、水素燃料電池船の安全ガイドライン案の検討を行ってきた。最終年度となる2017年度は、燃料電池の塩害対策や動揺試験などのこれまでの基礎試験で得られた成果に基づき、ヤンマーが試作した60kW(キロワット)級の純水素燃料電池システムを搭載して実船試験を実施したもの。今回、同試験により得られた知見から燃料電池船の安全要件を取りまとめ、「水素燃料電池船の安全ガイドライン」策定に向けて国土交通省に提出している。

 60kW級舶用燃料電池システムは、ヤンマーと豊田通商の共同研究によりカナダのBallard Power Systems Inc社製のモジュールを搭載して製作した。実船試験は、ヤンマーと海技研が主体となり、ヤンマー製の固体高分子形燃料電池モジュール1基、渦潮電機製の容量60kWh(キロワット時)のリチウムイオン電池システムを海技研が管理する実験船「神峰」(総トン数17トン)に搭載。広島県尾道市の海域で実証を行った。その結果、燃料電池システムや、燃料電池船に搭載する蓄電池システムに求められる安全要件の妥当性を確認することができたという。

船に搭載した燃料電池システム 出典:ヤンマー

 ヤンマーは、将来の水素燃料電池船の実用化に向けて、引き続き舶用燃料電池システムの高出力化や軽量化を目指した研究と実証試験を実施する。水素燃料電池船の潜在的な市場の1つとして、都市部の観光船や遊覧船などの沿岸航行小型船舶が想定されている。まずは、こうした市場への導入可能性を検討し、費用対効果の大きいものから実用化を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.