ニュース
» 2018年05月25日 07時00分 公開

太陽光:太陽光発電所のパフォーマンスを診断、三井物産が無償提供

三井物産が太陽光発電所のパフォーマンス診断サービスの提供を開始。当初の発電計画と実際のパフォーマンスの比較などが無償で行える。

[長町基,スマートジャパン]

 三井物産は2018年5月、無償で太陽光発電所のパフォーマンスや発電量などを診断・比較できるWebサービス「Oh My Solar!」の提供を開始した。

「Oh My Solar!」のWebサイト

 同サービスは、太陽放射コンソーシアムが提供する気象衛星データと同社グループが開発した太陽光発電所および協力会社から提供された独自データベースを活用。気象衛星データを利用することで、日射計が無い発電所でもその発電所で期待された発電量を算出し、実績発電量と比較することで発電所のパフォーマンスを診断できる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公表している計画発電量(年間時別日射量データベース、METPV-11)実績発電量とを比較することで、当初の発電計画と実際のパフォーマンスを診断する。診断や比較の結果はPDFやExcel形式でアウトプット可能だ。

 さらにOh My Solar!へ登録された他の発電所(現時点で約1700カ所)とパフォーマンスや太陽電池単位出力辺りの発電量に関し、登録発電所の中の分布状況や自分の登録した発電所の位置を表示することで、他の発電所との比較も可能という。登録した発電所エリアと同等(±5%)の過去日射量(任意期間)が記録されるエリアに存在する、他の発電所との比較も可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.