ニュース
» 2018年10月12日 07時00分 公開

蓄電・発電機器:再エネを「塩」で蓄電、新しい蓄熱発電技術の開発に着手

エネルギー総合工学研究所は、再エネ由来電力を熱に変換して蓄熱し、必要時に必要なだけ電力に変換する蓄熱発電技術の開発に着手した。

[スマートジャパン]

 エネルギー総合工学研究所(IAE)は2018年10月、環境省の公募事業である「平成30年度(2018年度)熱を活用した次世代型蓄エネルギー技術実用化推進事業」の採択を受け、蓄熱発電という新しい再生可能エネルギー安定利用システムの開発を開始したと発表した。

 CO2排出量削減に向けては、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの最大限の活用が必要となるが、天候や時間帯でそれらは発電量が大きく変動することが課題となっている。そのため蓄電池などによる蓄エネルギー技術の開発・活用が行われているが、現時点では主にコスト面での課題があるとの指摘もある。

 今回の事業では、安価な蓄エネルギー手段として「熱」に着目した。再エネ由来電力を熱に変換して溶融塩に蓄熱し、必要時に必要なだけ電力に変換して利用する新たな自立・分散型の次世代蓄熱技術を利用した蓄熱発電の開発・実証を目的とする。

 蓄熱から電力に変換する際にはロスが発生するが、蓄熱は極めて安価なため、総合的な経済性に優れているという。産学のコンソーシアムにより今年度は約4億円規模の検討を実施し、5年目には100MWh(メガワットアワー)規模の蓄熱設備の実証運転を目指す。

実証のイメージ 出典:エネルギー総合工学研究所

 並行して再エネ電力の経済的な熱への変換技術開発にも取り組む。蓄熱技術の推進により、太陽光・風力等の電力を安価で安定利用することが見込まれる他、再エネ由来電力による熱源の低炭素化を実現することで化石燃料の代替としてCO2排出削減への貢献が期待されるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.