インサイド・アウトのアプローチ「7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック 基礎編

私たちは多くの場合、何か問題が起きたとき、アウトサイド、つまり外側からのアプローチで解決しようとします。しかし、重要なのは相手を変えようとする(=アウトサイド・イン)のではなく、あなたから変わろうとする(=インサイド・アウト)ことなのです。

» 2009年05月26日 16時18分 公開
[フランクリン・コヴィー・ジャパン,Business Media 誠]

7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック with DVD Vol.1 基礎編:インサイド・アウトのパラダイム

 実りある人生を送っている人々には共通する習慣があった――1996年に発売されて以来、ビジネスパーソンをはじめとする世界中の人々に多くの影響を与えたスティーブン・コヴィーのベストセラー『7つの習慣』。7つの習慣を確実に理解し、自分の生活やビジネスに取り入れるために編集された『「7つの習慣」セルフ・スタディ・ブック』から抜粋した5編をお届けします。

 今回は「インサイド・アウトのアプローチ」より。私たちは多くの場合、何か問題が起きたとき、アウトサイド、つまり外側からのアプローチで解決しようとします。しかし、重要なのは相手を変えようとする(=アウトサイド・イン)のではなく、あなたから変わろうとする(=インサイド・アウト)ことなのです。



 インサイド・アウトのアプローチとは、インサイド、つまり自分からアプローチするということです。

 私たちは多くの場合、何か問題が起きたとき、アウトサイド、つまり外側からのアプローチで解決しようとします。

 たとえば、上司から理不尽な指示を受けることがあったとしても、その原因を上司に求め、上司だけの問題にしてしまいがちです。しかし、その考え方では、一方的に上司を責めるばかりで、自分は何もしないことになります。

 あなたにできることはないでしょうか? あなた自らが何か働きかけることができないでしょうか?

 ビジネスにおいて裁量権や相応のポジションが欲しければ、自分がそのようなビジネスパーソンになればいいのです。このように、相手を変えようとする(=アウトサイド・イン)のではなく、あなたから変わろうとするのがインサイド・アウトの考え方です。


 この「個人→チーム(人間関係)→組織」のモデル図について考えてみましょう。

 インサイド・アウトとは、個人からスタートし、それがチーム(人間関係)に影響を及ぼし、その結果、大きな組織に影響を与えるということです。

信頼性は「人格」と「能力」から成る

 人間関係には「信頼関係」が必要ですが、その人間関係を支えるものとは何でしょうか?

 それは、個人が持つ信頼性です。信頼性は「人格」と「能力」から成り立っています。「人格」と「能力」が両立して、初めて高い信頼性を得ることができます。

 つまり、組織をよくしようと思えば、チームの人間関係がよくなければなりませんし、チームの人間関係(信頼関係)を築くためには、個人の信頼性が重要なのです。

 ある人がこう語っています。

世界に秩序をもたらしたいならば、我が国が最初に変わらなければならない。我が国が変わるためには、私の故郷を建て直さなければならない。私の故郷を建て直すには、まず私の家族を正さなければならない。私の家族を生まれ変わらせるには、まず私自身が生まれ変わらなければならない。

―A・パーネル・ベイリー


 インサイド・アウトと似た考え方で、「インプットを変えなければ結果は変わらない」ということがあります。PCでずっと同じことを入力(インプット)していたら、同じ成果(アウトプット)しか出ないのと同様、自らの行動(インプット)を変えなければ結果(アウトプット)は変わらないということです。それは、言い方を換えれば、自分自身が変われば、世界が変わるということにつながります。

勝つチームを作る「トラスト・リーダーシップ」セミナー開催のお知らせ

 フランクリン・コヴィー・ジャパンは8月20日、管理職向けセミナー「トラスト・リーダーシップ」を開催します。

 100年に1度の不況と言われる昨今、多くの企業がリストラや残業の削減を行う中で、企業と社員、上司と部下という関係における“信頼”が低下しています。本セミナーでは、フランクリン・コヴィー・ジャパンの佐藤亙(さとう・わたる)取締役副社長が、リーダーとして結果を出すために必要なチームメンバーとの信頼について、その基本原則と信頼構築のための具体的な手法をお伝えします。

 ゲスト講師にはスポーツジャーナリストの二宮清純(にのみや・せいじゅん)氏を迎え、スポーツ界においてチームメンバーとの信頼によりチームを勝利に導いた事例をご紹介しながら、スポーツとビジネスに共通する“信頼”を考えます。

開催概要
開催日程 8月20日(木)9時〜17時
対象者 管理職、プロジェクトリーダー、成果を望むビジネスパーソン
会場 椿山荘(東京都文京区関口2-10-8)
受講料 2万9400円〜4万2000円(昼食付き)※参加人数、研修導入状況により異なります
定員 300名
申し込み方法 WebサイトまたはFAX 03-3264-7407 にて
支払方法 銀行振込
問い合わせ先 TEL 03-3264-7417 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 セールス・プランニング・チーム(月〜金 9時〜17時)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR