ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワークライフバランス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワークライフバランス」に関する情報が集まったページです。

ワークライフバランスが悪化:
働く女性の57%が「2年以内の退職」を検討 
デロイト トーマツ グループは、働く女性を対象に実施した世界調査「Women @ Work: A global outlook」の日本版を発表した。ワークライフバランスの悪化などによって、回答者の57%が「2年以内の退職」を検討していることが分かった。(2021/6/22)

「総務」から会社を変える:
夢のワーケーション導入、総務がやるべきことは? 課題が盛りだくさんの状況を整理する
注目を集めるワーケーションだが、総務がやるべきことは盛りだくさんだ。何から手を付ければよいのか、状況を整理する。(2021/6/21)

調査で判明:
ワーケーションの導入検討 担当者の85%以上が「ない」と回答 理由は?
月刊総務が実施した「ワーケーションに関する調査」。ワーケーションの導入を検討しているかとの問いに、総務担当者の85.4%が「ない」と回答した。なぜ?(2021/6/14)

不満足な理由も調査:
年収500万円と年収1000万円 「職場の満足度」を聞いた結果は?
正社員を対象に、職場の満足度調査を実施した。年収と満足度の関係はどうなっているのか。(2021/6/12)

サカタ製作所流の働き方【後編】:
男性育休「渋々取得」→100%に! 社内の雰囲気が激変、サカタ製作所で何が起きたのか
サカタ製作所は急速に男性育休取得を推進し、18年には取得率100%達成、以降も100%をキープしている。当初は「我が家には必要ない」など社内の理解を得られなかった男性育休を、なぜ浸透させることができたのか?(2021/6/10)

サカタ製作所流の働き方【前編】:
「売り上げが落ちてもいいから、残業をゼロにせよ。やり方は任せる」 社長の“突然の宣言”に、現場はどうしたのか
「来年度の目標は、残業時間ゼロ」──社長の突然の宣言は、まさに寝耳に水の出来事だった。準備期間は1カ月。取り組み方は、各部門に任せられた。現場はどう対応したのか?(2021/6/9)

PR:テレワークにも使える! PCメーカーの営業がノートPCではなくデスクトップPCを使う理由
(2021/6/3)

「成長」か「安定」か:
「Born Digital」世代の従業員と経営層のギャップが世界的に拡大、Citrix調査
シトリックスは、「デジタル世代」が企業利益に及ぼす影響力に関する調査結果を発表した。調査からは、「デジタル世代」が求める働き方と、経営層が考える「デジタル世代」の求める働き方に大きな乖離(かいり)があると判明した。(2021/6/2)

離職につながることも:
新卒社員が入社後に抱くギャップ 「人間関係」や「社風」を抑え1位となったのは?
新卒社員の多くが、入社後に仕事内容や配属についてギャップを感じている――。就職・転職のための口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークの調査で明らかになった。(2021/6/1)

隠れホワイト企業ランキング上位50社 3位「freee」、2位「日置電機」、1位は?
隠れホワイト企業ランキング上位50社。3位「freee」、2位「日置電機」。1位は?(2021/5/31)

ウィズコロナ時代の健康経営:
テレワークで従業員の健康課題に変化? 2020年度の健康経営を振り返る
(2021/6/1)

スモールスタートから数万人まで余裕で対応
「脱Excel・脱メール」を実現。常識を覆す新たなクラウドタスク管理ツール
社会情勢の変化が激しい中でもビジネスを健全に進めるには、円滑なコミュニケーションを実践し、各人の目標やタスクを共有してその進捗を一覧できる仕組みが必要だ。そうした仕組みを容易に実現できるツールとはどのようなものなのか。(2021/5/27)

「総務」から会社を変える:
今、あらためて考える「福利厚生」 総務が押さえるべき3つのポイントとは?
コロナ禍により、従来型の福利厚生の見直しが始まっている。総務としてはどう対応すべきなのだろうか。『月刊総務』編集長の豊田氏は、3つのポイントを押さえるべきだと主張する。(2021/5/19)

働き方の「今」を知る:
官僚アンケートで発覚 未だに「残念すぎる」霞が関の働き方と、改革を阻むカベ
民間企業に投げかけられている「テレワーク7割」の掛け声だが、霞が関は実現できているのか? 官僚アンケートで明らかになったのは、残念すぎる内情だ。(2021/5/18)

退職検討44%:
今の会社で働き続ける不安は何か? 辞めることの懸念
今の会社で働き続ける懸念や不安は、何だろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/14)

実現は難しい:
「選択的週休3日制」賛成は8割、職場に導入は?
「選択的週休3日制」について、どのように感じている人が多いのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/13)

「真のD&I」実現への道
「女性活躍」に本気の企業と、掛け声だけの企業を分ける“重要な課題”
企業が真のD&Iを実現する上で重要なのが、女性が働きやすい職場の実現だ。そのために企業が対処しなければならない課題とは何か。どうすれば解決できるのか。専門家に聞いた。(2021/4/30)

キャリアの展望も明らかに:
新入社員が考える「理想の上司像」 3位「行動力がある」、2位「相談にのってくれる」、1位は?
新入社員が職場に配属される時期がやってきた。どんな上司と一緒に仕事をしたいと考えているのだろうか。427人の新入社員に聞いた結果は?(2021/4/16)

NJSの事例:
70歳定年を導入「ベテランのやる気を高める」企業 等級・報酬をどのように設定したのか
NJSは2019年4月から「70歳定年制」を導入している。その背景や導入経緯、実際の制度をうかがいながら、シニア社員を活用する際に人事担当者が心得ておくべき点やスムーズな導入につながるコツを探っていこう。(2021/4/15)

Z世代のなりたい職業ランキング、3位芸能人、2位保育士・幼稚園教諭 1位は?
デジタルネイティブのZ世代(1990年代半ば〜2000年代の初め生まれ)は、将来をどのように考えているのか。15〜21歳の女性114人になりたい職業を聞いたところ、1位は……。(2021/4/7)

働き方の変化に合わせてデータ共有の進化を
ニューノーマル時代のファイルサーバはクラウドとオンプレの「いいとこ取り」で
データ共有の方法は、従業員の働き方に合わせて見直すべきだ。オンプレミスのファイルサーバを使い続けるのもクラウド移行も一長一短があるが、両者のメリットを「いいとこ取り」する方法があるという。PayPay銀行も採用した手法とは。(2021/4/12)

休業中の賃金は?:
育児休業中の就労について、労務担当者が知っておきたいこと
育児・介護休業法上の育児休業制度は、休業期間中に就労することは想定されていませんが、労使の話し合いにより短期間であれば可能となり、育児休業給付金が支給されます。その概要を解説します。(2021/3/22)

創業83年の製造業が大改革──東京本社は90%以上テレワーク、「紙・はんこ文化」からの脱却! その秘訣とは?
製造業にとって、働き方改革は容易ではない。それでもテレワークやペーパーレスはじめとする新しい働き方を積極的に取り入れているのが、ダイカストメーカーのアーレスティだ。緊急事態宣言下では多い日は90%以上のテレワーク率だというアーレスティは、これまでどのようにして働き方改革を浸透させてきたのか。(2021/3/11)

Citrix Overseas Report:
新常態にデジタル化する働き方の「リアルな未来」は? 日本や米国、世界の調査で分かった4つのトレンド
コロナ禍で一時的にテレワークを導入したものの、また元の働き方に戻るのでは――、と考える経営者や従業員はいるかもしれません。しかし、日本と米国を含む全世界の国や地域で2020年に実施された複数の調査結果からは、コロナ禍以前と比べて大きく変化した企業の働き方の「リアルな未来」が浮かび上がってきました。その主なトレンドを4つ、ご紹介しましょう。(2021/3/10)

CEOを直撃:
年に1回、1日の休暇か1万5000円の手当かを選べる──「ワーク・ライフ・バリュー」を重視する会社の働き方
置き型社食サービス「オフィスおかん」などを提供するOKANは、「ワーク・ライフ・バリュー・ストーリー制度」を導入している。年に1回、1日の休暇か1万5000円の手当のどちらかを取得できるのが特徴だ。(2021/3/5)

なぜ低いのか:
男性社員の育休取得をアップさせる環境づくり、3つのポイント
「イクメン」という言葉が以前よりも聞かれるようになりましたが、依然として男性の育児休業取得率は低いままです。男性社員が育休取得するためには、どのような環境づくりをすればよいか解説します。(2021/3/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
働き方改革の成否を分ける「3つの難問」 いまIT部門が解決すべき課題とは?
近年、働き方改革が大きな進展を見せる一方で、多くのIT部門が新たな働き方がもたらす、IT運用負荷の高さやセキュリティの難しさを実感している。従業員の不満を解消しつつ、大小さまざまな課題を一挙に解決するIT環境の在り方とは?(2021/3/1)

人材に関する4つの誤解とは:
「若者は業務よりプライベートを重視する」は間違い? ガートナーが人材の新常識を発表
ガートナー ジャパンは、日本のCIOが押さえておくべき人材の新常識を発表した。日本のCIOに対して、「日本企業の従業員は1社で長く働くことを好む」など人材に関する認識が誤解だと指摘し、新たな常識を基に時流に即した人材戦略を推進すべきと主張している。(2021/2/16)

20代総合職の3割が「過労死ライン」超え:
「テレワーク7割」どころか、紙業務・サービス残業が横行の霞が関官僚 「与野党合意」で民間企業の模範となれるか?
政府が要請する「テレワーク7割」だが、そもそも霞が関で働く官僚が達成できていない。それどころか、民間企業未満の過酷な働き方が昨今明らかになっている。その元凶ともいえる国会対応を巡る与野党合意で、民間企業の模範へと変わっていけるのだろうか。(2021/2/10)

「総務」から会社を変える:
すごろくから、ポケモンGOへ? コロナ禍でオンライン化が進む社内研修の今
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。コロナ禍により従来式の研修がオンライン化しつつある今、総務の現場からはどのような声が挙がってきているのだろうか。調査のデータを基に解説していく(2021/2/3)

企業を悩ませる課題とは
ネットワーク事業者も驚いた、テレワークの技術的な課題
新常態は何を変えたのか。テレワークが引き起こした技術的な課題とは何か。ネットワーク事業者の予想を超えた変化とは何か。(2021/1/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(36):
2021年、企業ネットワークは「作る」時代から「選ぶ」時代に
通信が自由化されて企業ネットワークの構築が盛んになった1980年代から現在に至るまで、企業ネットワークはネットワーク機器や回線、サーバなどを組み合わせて「作る」ものだった。しかし、作る時代は終わり、「選ぶ」時代が始まっている。(2021/1/25)

Citrix Overseas Report:
「田舎に住んで、テレワークでバリキャリ」本気で望む人は何割? 2000人に聞いて分かったこと
コロナ禍でテレワークが普及する中、人びとが都市部から郊外や田舎へ移住するケースが出てきました。技術の発達でどこからでも働ける環境が整いつつある今、自分の生活と仕事のバランスを見直し「地方や郊外に住んでテレワークしたい」「それが実現するなら、多少収入が減ってもいい」と考える人は何割いるのでしょうか。全米の調査からキャリアと生活の「本音」が見えてきました。(2021/1/28)

まだまだPCは伸び続ける――NECPCが考える2021〜22年の市場動向
NECパーソナルコンピュータが、PCやタブレットの2021年春モデルを発表した。発表会では、2020年の振り返りと2021年への展望も語られた。新型コロナウイルスは、PCやタブレットの売れ行きにどのような影響を及ぼしたのだろうか?(2021/1/20)

PR:変革期を迎える朝日新聞社のDX戦略 フリーランスエンジニアの採用に活路
(2021/1/13)

コロナ禍の一時対応じゃない。未来へ続く変革を:
PR:物心両面のサポートでニューノーマルを生き抜く、弥生の超働き方改革始動!
突然の全社リモートワーク移行に当たり、会社が真っ先に心配したのは、社員のメンタルだった。(2021/1/8)

「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員の意識を変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(後編)
ビジネスを取り巻く環境がかつてない速度と規模で変化を続ける中、いかにして企業は、従業員のコンプライアンス意識を醸成し、自社の競争力を高めていくべきでしょうか。企業コンプライアンスに詳しい増田英次弁護士が、絶えず不祥事を繰り返してきた旧来型の管理支配型アプローチの問題点にメスを入れ、自律的発展成長型のアプローチである「エモーショナルコンプライアンス」がもたらす効果について2回にわたって解説します。(2021/1/8)

若手登竜門で優勝:
障壁だらけのデンマークで、共同創業した20代建築家。生き残る経営戦略は
プロフェッショナルがひしめくデンマークで、26歳の若さで設計事務所を立ち上げた、2人の日本人がいる。当時、技術も経験も足りなかった2人は、世界の競合と渡り合うためにどうやって戦ったのか。(2020/12/21)

なぜ島津製作所はノーベル賞企業になれたのか〜歴史から学ぶ成長する企業の必須要素:
創業者の経営哲学は「事業」「家庭」「自身」から
印刷して社内の各所に張り出した経営哲学は、コーポレートガバナンスとして今に通じるものがあり、いかに3つの要素を大事にしてきたかが分かる。(2020/12/16)

調査レポート:
テレワークで残業時間が減少、施工管理と設計にコロナ禍の働き方を調査
アーキ・ジャパンは、施工管理職と設計職を担当する1104人を対象に、コロナ禍での働き方に関して調査し、テレワークの導入効果で残業時間が減ったことや業務プロセスの効率化を実現するICTツールを求めていることなどが判明した。(2020/12/15)

PR:在宅と出社のハイブリッド時代、どうするオフィスの存在価値 “オフィス作りのプロ”オカムラに聞いてみた
(2020/12/11)

届け、2万7000筆の思い 「霞が関は残業の震源地」──国家公務員の働き方改革に向け有識者が河野大臣に署名を提出
中央省庁の働き方の改善を求める有識者団体「深夜閉庁を求める国民の会」が河野太郎行政・規制改革担当相にネットで集まった署名とともに「各省庁を午後10時から翌朝5時までは完全閉庁」とする提言書を提出した。(2020/12/4)

PR:“いきなりテレワーク”も一段落 アフターコロナを見据え、企業が目指すべき姿とは
(2020/12/3)

テレワークの課題を乗り越え、次のステージへ
オフィスと在宅のコミュニケーション不全を解消する「新しい働き方」
テレワークとオフィスワークそれぞれのメリットを生かして「ハイブリッドワーク」を実現するには、ITで解決すべきコミュニケーションの課題がある。それは何か。(2020/12/25)

技術で未来への懸け橋を作る:
PR:エンジニアとして、人として成長できる場所を求めて地方で暮らすエンジニアたち
産学連携でAI×地図のニュータイプを生み出す、フィールドワークを重ねて地域の課題解決に取り組む、バーチャルチームで東京と同じ仕事をする――長崎のエンジニアたちは今、仕事を通じて希望を作っている。(2020/11/24)

離職は「最大のロス」:
星野リゾート星野佳路代表が“倒産確率”を公表した理由 「組織を強くするマネジメント」とは?
星野リゾートの星野佳路代表は、5月より予約や財務の状況など、幾つかの変数をもとに計算した「倒産確率」を社員向けに発表している。コロナ禍という危機の中では、経営の内容を正直に伝えることが大切で、社員一人一人が経営の動きを知ることが「会社を強くする」という星野代表の考えから取った施策だという。狙いを聞いた。(2020/11/12)

メンタル不調に悩む若手も:
在宅勤務で生産性は本当に向上した? 社員が企業に求めるものとは
在宅勤務が業務の生産性や社員のメンタルにどのような影響を与えているのだろうか。NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、「テレワークと会社に対する満足度」についての調査結果を発表した。(2020/11/10)

頼りたいのは、人ではなく「ロボットやAI」:
61%が「2020年は最もストレスを感じる」と回答 日本オラクルがコロナ禍の働き方とAI利用に関する調査
日本オラクルは、コロナ禍の日本における働き方とAI(人工知能)利用実態に関する調査の結果を発表した。2020年は最もストレスを感じる年だと回答した割合は61%。メンタルヘルス支援として、人よりもロボットを望む割合が高かった。(2020/11/5)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「情シス意識調査2020」で判明、ニューノーマル時代の働き方やキャリアの考え方
ニューノーマル時代の到来によって働き方に対する意識が大きく変わる中、DXの推進役となる情シス部門の担当者は、どのような意識を持って日々の業務に当たっているのだろうか。356社を対象に実施した調査の結果と考察を紹介する。(2020/10/30)

PR:注目の「ゼロトラスト」を巡る誤解と本質 移行の現実解は?
(2020/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。