ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワークライフバランス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワークライフバランス」に関する情報が集まったページです。

Z世代の早期離職は上司力で激減できる!:
第2回Z世代が幻滅する職場の共通項とは
大手企業400社以上で「上司力(R)研修」を提供するFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏は、大企業で深刻化する若手の早期離職の予防に向けて「Z世代の早期離職は上司力で激減できる!」(2024年4月)を発行した。そこでZ世代の若手部下の育成マネジメントについて3回に分けてつづってもらう。(2024/5/21)

十人十色な「キャリア安全性」:
自分のキャリアに「納得」するために必要なものは?
「この職場で働き続けることは、果たして自分にとって幸せなのか?」──と考えたことのある人も少なくないだろう。自分のキャリアに「納得感」を持つためには、何が必要なのか?(2024/5/17)

就活生が企業選びで重視すること 2位「ワークライフバランス」、1位は?
就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリアは、2025年卒の学生向けに就活に関する調査を実施した。就活生が企業選びで重視することの1位は「企業内の雰囲気がいい」だった。(2024/5/16)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

Q&A 働き方のお悩み相談:
「Z世代」の新入社員と何を話せばいいか分からない……どう接すればいい?
新入社員の育成を任されましたが、関係構築に難しさを感じています。10歳以上も年下のZ世代の新入社員で会話の糸口をつかめずにいます。どうすればいいですか。(2024/5/10)

社会人2年生に聞いた「30歳時の目標年収」 平均額は「647万円」、昨年に比べると?
ソニー生命保険は、24年4月から働き始める社会人1年生、または就職してから1年が経つ社会人2年生を対象に、「社会人1年目と2年目の意識調査」を実施した。社会人2年生に30歳時点の目標年収を聞いたところ、最多は「500万〜600万円未満」だった。(2024/5/2)

意外に短め? 20代が「理想」と考える長期休暇の長さとは
ジェイックが調査結果を発表した。(2024/4/26)

キャリアニュース:
管理職への転職に関する調査、非管理職から管理職に転職した人は15.9%
Indeed Japanが「管理職への転職に関する調査」の結果を発表した。15.9%が非管理職から管理職に転職していた。また、管理職への転職者は、非管理職よりも転職後の仕事に満足している割合が高かった。(2024/4/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
生成AIは人間の仕事を奪わない。3つの懸念点を踏まえつつ、生成AIの積極的な活用を――日本マイクロソフト 西脇資哲氏
今、あらゆる分野でブームを巻き起こしている「生成AI」は、大きな可能性を秘める反面、さまざまなリスクもはらんでいる。この革新的な技術にどのように向き合うべきか。(2024/4/23)

就活生の大手企業志向、3年ぶりに半数越え 物価高や賃上げといった経済的な動向が影響か
マイナビは、約4万人の学生を対象に行った「マイナビ 2025年卒大学生就職意識調査」の結果を発表した。大手企業志向が3年ぶりに半数を超えたことが分かった。(2024/4/17)

転職後の給与 管理職は30代で52万8000円アップ、非管理職は?
Indeed Japanは、直近5年以内に転職活動経験のある正社員を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施した。管理職に転職した人と非管理職に転職した人では、年収面や仕事への満足度で差が生じたことが分かった。(2024/4/16)

日本人の7割が「静かな退職」状態:
「必要以上に頑張らない」は悪いこと? 熱意あった若者がやる気をなくすワケ
退職するわけではないけれど、仕事への熱意も職場への帰属意識も薄い――という状態が「静かな退職(Quiet Quitting)」が注目されている。日本においても、会社員の7割以上が静かな退職状態だという調査結果がある。やる気をもって入社した若者たちが静かな退職を選ぶことを防ぐにはどうしたら良いのか、考えてみよう。(2024/4/15)

平成→令和で「管理職」に求められるスキルはどう変化した? 役割はさらに複雑化……
ここ20年間、平成と令和の間でも実際の働き方や働き手の意識が大きく変わってきました。それに伴い、管理職に求められるスキルも大きく変化しています。今回はそのような「管理職」に求められるスキルの過去と現在について見ていきたいと思います。(2024/4/12)

マスコミ業界へのマイナスイメージ 「昔ながらの文化」「全国転勤」を抑えた1位は?
キャムコムグループのインタツアー(東京都港区浜松町)が「業界別イメージ調査 マスコミ業界編」の結果を発表した。学生はマスコミ業界についてどのようなイメージを抱いているのか。(2024/4/9)

Z世代学生の「理想の働き方」 魅力を感じる制度は?
グローアップ(東京都港区)が運営する新卒向けダイレクトリクルーティングシステム「キミスカ」が「Z世代就活生のキャリアや働き方に対する考え方調査」の結果を発表した。Z世代の学生が考える理想の働き方とは。(2024/3/28)

QAで解説:
採用を頑張っても若手がどんどん辞めていく……企業が今すぐ確認すべき3つの要素
せっかく新卒採用を頑張っても、若手がどんどん辞めてしまい困っています。待遇も悪くないと思いますし、なぜこんなに離職が多いのか分かりません。若者の早期離職は、どうやったら止められますか?(2024/3/28)

その悩み、生成AIが解決:
業務スケジュールを最適化したい ChatGPTどう生かす?
業務効率を向上させるための日々のスケジュールの最適化について部署で検討しています。ChatGPTを使ってアドバイスを得ることはできますか?(2024/3/26)

キャリアニュース:
2023年度の転職市場動向は「GX人材ニーズの多様化」「人材要件の詳細化」
リクルートは「2023年度 転職市場の動向」についての調査結果を発表した。GX人材へのニーズが多様化していること、求人の詳細化や明確化が人材採用に有効であることが分かった。(2024/3/22)

職場になじめず、飲み会も誘われず……どう付き合えば?
職場で浮いている気がします。もともとコミュニケーションが得意な方ではないのですが、先日、自分だけ所属チームの飲み会に誘われていないことが分かり、少し落ち込んでしまいました。どうすれば職場でうまく人付き合いができるのでしょうか――。働き方のプロのアドバイスは?(2024/3/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
変わりゆく時代の中で、上司は部下にどう接するべきか? 「部下を活かすマネジメント“新作法”」
「上司力(R)」をキーワードに、大手企業で人材育成支援を行うFeelWorks代表取締役の前川氏。前川氏の考える、部下のポテンシャルを最大限に生かすためのマネジメント新作法とは、どのようなものなのだろうか?(2024/3/19)

「リスキリングしてくれない社員」に困る企業がやるべき3つのこと
(2024/3/15)

働き方の見取り図:
なぜ私たちは働きづらいのか 「働き方の壁」を言語化して初めて分かること
働きづらさの背景には、さまざまな「働き方の壁」が存在する。それらを言語化していくと、誰もが働きづらさをはっきりと認識できる。働き手の周りにはどんな「壁」が立ちはだかっているのか。(2024/3/14)

約8割が「リモートワーク中にさぼった経験あり」 ついやってしまったこととは?
リモートワーク中にさぼってしまった経験が「ある」とした人は8割に上ったことが、SMB(愛知県知多郡)による調査で明らかとなった。(2024/3/15)

「ゆるい職場」vs.「厳しい職場」 転職希望者が望むのは?
働く環境への見直しに注目が集まっている中、ビジネスパーソンは転職をする際どのような環境を選ぶのか。また、企業風土とキャリアの関係性についてどのような意識を持っているのか。ライボ(東京都渋谷区 )の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/29)

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

優秀な女性が「管理職になりたがらない」 上司が着手すべき4ステップ
近年、管理職を取り巻く環境はより厳しさを増しています。期待しているメンバーが管理職になるまでの道を上司はどのように整備し、サポートしていけばよいでしょうか。4つのステップに分けて解説します。(2024/2/27)

PR:即戦力のビジネスPCが1万5000円引き! 人気のビジネスPCをお得にゲットするなら年度末キャンペーンを狙うべし
(2024/3/1)

PR:運用型広告「絶え間ない改善」をAIで自動化、どうやって? 博報堂テクノロジーズ発のマーケ変革ツールはいかにして生み出されたか
(2024/3/5)

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【後編】
「オフィスに戻りたくない」が本音 今こそ出社よりVR/AR?
テレワークが企業において当たり前になった現代では、テレワーカーのコラボレーションを支援し、新たな働き方における生産性を向上させることが鍵となる。活躍が期待されるVR/AR技術とは。(2024/2/24)

約7割「残業時間が減っている実感ない」 なぜ残業するのか、意外なワケも
転職サービスのdodaは「残業」に関する調査を実施した。約7割のビジネスパーソンが「残業時間の削減」に課題を抱えており、なかなか残業時間を減らせないワケも見えてきた。(2024/2/20)

好感度が高い環境:
若手社員がすすめる企業トップ30は? ランキングから見えてきた、3つのポイント
20代の社員は、どのような会社で働きたいと思っているのだろうか。クチコミを分析すると「3つのポイント」が見えてきた。(2024/2/20)

Q&A 働き方のお悩み相談:
体育会系の営業職で成果出ず、転職の勇気もない どうしたらいいですか?
体育会系の営業職で目立った成果を出せず、転職にも一歩を踏み出しきれない。ワークライフバランスも重視したいが、お給料もしっかりとほしい……。働き方の専門家のアドバイスは?(2024/2/16)

今さら聞けない「春闘」とは 給料が上がる? 社労士が分かりやすく解説
2月に入って徐々に「春闘」という言葉を聞く機会が増えてくるかと思います。そもそも「春闘」とはどういうものなのでしょうか? 社会保険労務士が分かりやすく解説します。(2024/2/15)

Q&A 45歳からのIT転職:
ミドルの転職「年収が下がっても転職すべきケース」とは?
近年需要が高まるIT人材。ミドル層以上の転職に関する疑問を、Q&A形式で回答します。(2024/2/7)

「売れない営業」から脱出:
「怒涛の商品プレゼン」では受注できない、当然の理由 どう改善すべき?
(2024/2/7)

分かっていても徹底できないことはある:
PR:セキュリティ対策コスト削減の鍵は「点検作業の自動化」にある
働き方が多様化する中、エンドポイントを狙う攻撃は後を絶たない。セキュリティツールを導入する以外にもPC設定の見直し、OSアップデートなど対策はあるが、手動では限界がある。課題解決の鍵は「設定の点検自動化」にある。(2024/2/2)

Q&A 働き方のお悩み相談:
秘書検定にITパスポート……「資格沼」から抜け出せない、どうしたら?
キャリアアップ、ワークライフバランス、リスキリング――この先どうすれば自分が納得できるキャリアを歩んでいけるのだろうか。多くのビジネスパーソンの働き方を見つめてきたワークスタイル研究家の川上敬太郎さんが回答する。(2024/1/30)

20〜30代1156人に聞いた:
管理職に興味がない理由 「報酬メリット少ない」「責任負いたくない」、1位は?
20代・30代のビジネスパーソンの3割が「管理職に就くことに興味がない」と回答したことが、エン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。若手社員が管理職に興味を持たない理由とは。(2024/1/26)

QA「売れない営業」から脱出:
「営業メールが苦手……」どうすべき? 今日からできる3つのポイント
(2024/1/26)

25卒向け「一流ホワイト企業」ランキング 2位「Facebook Japan」、1位は?
2025年卒の学生向けの「一流ホワイト企業ランキング」が明らかになった。どのような結果になったのか。(2024/1/15)

世界で深刻化する労働力不足【後編】
売り手市場米国に学ぶ「働きたい条件」 人が“集まる州”にあるものとは?
米国では労働力不足が深刻化しているものの、影響の度合いは州によってグラデーションがある。労働力確保のために、企業が努力できることは何か。(2024/1/13)

QA「売れない営業」から脱出:
営業は「報連相」が命なのに……何も相談してこない部下、上司はどうやって育成する?
(2024/1/12)

QA「売れない営業」から脱出:
初回訪問の事前リサーチ、どこまでする? “調べすぎ”がよくないワケ
(2024/1/11)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

旧帝大・早慶に人気の就職先 3位「伊藤忠商事」、2位「三井物産」、1位は?
「高学歴」の学生から就職先として人気の企業はどこか。リーディングマークが2025年卒を対象に実施した調査結果を発表した。(2023/12/28)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【中編】
オフィス回帰が本格化する前に考えたい、「長距離通勤」の光と影
勤務先の所在地までの距離を考慮せずに、望んだ場所で暮らしながら働けるのが長距離通勤の強みだ。その選択にはさまざまなメリットがあるが、無視できないデメリットもある。(2023/12/27)

人材業界、学生の4割が選考検討 認知度TOP3の企業は?
多くの業界の中でも「人材業界」は人気傾向にあるが、学生はどのようなイメージを抱いているのか。インタツアー(東京都港区浜松町)が調査を実施した。(2023/12/15)

理想的な集中時間は1日4時間、会議時間は1日2時間まで:
Slack、「義務感による時間外労働は生産性低下につながる」との調査結果を明らかに
Slackは、世界6カ国の1万人以上のデスクワーカーを対象とした勤務時間や生産性などに関する調査結果を発表した。(2023/12/14)

「週5出社」を貫く企業の行く末【前編】
テレワークをやめたら退職が止まらない――そのやっぱりな理由
企業が「オフィス回帰」の方針を掲げると、従業員にはどのような影響があるのか。Deloitteの調査レポートを基に、今後の勤務形態を考える上で大切なポイントを探る。(2023/12/8)

キャリアニュース:
新型コロナ5類移行後のリモートワークは頻度が減少、制度導入率は上昇
転職サービス「doda」は、「リモートワーク」をテーマにした調査結果を発表した。新型コロナ5類移行後「リモートワーク」の実施頻度は減少したが、「企業の制度導入率」は8.8pt上昇した。(2023/12/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。