メディア
インタビュー
» 2018年11月07日 06時30分 公開

ゼロから50人に急増、なぜグロービスは異質のエンジニア採用に成功しているのか?生まれ変わる組織(4/6 ページ)

[やつづかえり,ITmedia]

優秀な人材獲得のポイントは「働きやすさ」と「やりがい」

グロービス・デジタル・プラットフォーム事業部の井上事業部長 グロービス・デジタル・プラットフォーム事業部の井上事業部長

 エンジニアたちをこれだけ厚遇する背景には、人材獲得競争の厳しさがある。エンジニアを採用し、入社後もマネジメントする立場にある井上さんは「テクノロジー人材にとって働きやすい環境を整えないと、『この会社は働きづらい』と思った瞬間に、彼らは転職を考え始めます」と言い、上に挙げたインフラ面の整備に加え、部内旅行で親睦を深めたり、メンバー皆で事業部の共通価値観を検討したりといった、チーム作りやモチベーションの維持にも力を入れてきたことを強調する。

 報酬だけ見ると、メルカリなどの勢いあるIT企業にはかなわない。それでも優秀なIT人材を採用できているのには、やりがいある仕事への期待が大きいという。

 「私たちが掲げている、『社会人の学び×イノベーション』でユニークな存在になるという目標に共感して来てくれる方が多いです。例えば『将来、自分の子どもに誇れるような仕事をしたい』と考えているエンジニアの方が、教育という分野であれば世の中に価値のあるものを作っていけそうだと期待して入ってくれるのです」(井上さん)

 新たに採用したIT人材で、これまでに離職したのは1人のみ。入社したエンジニアが元同僚に声を掛けて引っ張ってくるといったリファラル採用も数多く実現しているという。働きやすさと仕事のやりがいの両輪で人材を引きつける同社のやり方は、今のところ非常にうまくいっていると言えるだろう。

グロービス・デジタル・プラットフォーム事業部のメンバー皆で作った共通価値観は、頭文字を取って「LEAD OUT」と呼ばれている グロービス・デジタル・プラットフォーム事業部のメンバー皆で作った共通価値観は、頭文字を取って「LEAD OUT」と呼ばれている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -