連載
» 2018年11月27日 08時00分 公開

スピン経済の歩き方:「外国人は来るな!」と叫ぶ人たちが、移民政策に沈黙しているワケ (1/7)

いよいよ日本が、世界有数の「移民大国」へと生まれ変わる。普段、「外国人は来るな」と叫ぶ人たちは、なぜこの法案に沈黙しているのか。その背景には、「恐怖」が関係していて……。

[窪田順生,ITmedia]

 本日、衆議院で「出入国管理法改正案」が通過する。

 野党が重箱の隅をつつくような攻撃をしているが、ここまできてしまうともはや誰にも止められない。仮に、安保法案の時のようなプラカード作戦を断行したところで、スケジュールが多少後ろにズレこむだけで、法案成立も時間の問題だ。

 これで、外国人留学生や技能実習生という裏スキームを用いてきた「隠れ移民国家」だった日本が、法の後ろ盾を得て、いよいよ世界有数の「移民大国」へと生まれ変わる。

 本連載の『だから「移民」を受け入れてはいけない、これだけの理由』という記事で詳しく述べたが、日本人が外国人労働者の皆さんに「いいか、お前らは移民じゃなくて、労働者だからな」とどんなにきつく念押しをしたところで、労働者として入国した外国人が、その国の人々と同様の権利、同様の社会福祉サービスを求めて“移民化”していくのは、人類の歴史が証明している。

移民大国になれば、貧しい日本人が増えそうだ(写真提供:ゲッティイメージズ)

 そうなれば、貧しい日本人も雪だるま式で増えていく。「外国人労働者様がやって来る! ヤァヤァヤァ」と大ハシャギするのは経営者のみで、日本人の労働者からすれば、現在の低賃金がビタッとフィックスする。大量の労働力が流入して、替えがいくらでも効いてしまうからだ。故に、若者はいつまでたっても所得が上がらず、結婚・出産のハードルもグンと上がっていく。こういう若者の怒りの矛先が誰に向けられるのかは、ネオナチを例に出さなくても容易に想像できよう。

 つまり、この法案によって日本は、これまでグレーだった外国人の人権問題、さらには排外主義などの「移民問題」に真正面から向き合わざるを得なくなるのだ。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -