なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
インタビュー
» 2019年05月15日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(阪神・広島公演):市場は縮小しているのに、なぜトラとコイの国語辞典は好調なのか (6/6)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

次はどうする?

瀧本: カープ仕様を販売してみて、興味深い数字が出てきました。どこで売れているのかを調べたところ、広島県でものすごく売れていることが分かってきました。実売率(実売数÷仕入数)を見ると、全国平均は49%なのに、広島県では67%(5月9日現在)。タイガース仕様を発売したとき、関西での売れ行きはよかったのですが、広島ほどではありません。

土肥: 広島には熱烈なカープファンがたくさんいる、ということですね。最後に、これはどうしても聞かなければいけません。次はどの球団の辞書を出すのでしょうか?

広島東洋カープ仕様のために書き下ろした用例

瀧本: 先ほども言いましたが、タイガース仕様を出したときに、メディアからの質問に対して、「まだ決まっていません」と答えていました。今回も、まだ決まっていないので、「まだ決まっていません」と言わざるを得ないんですよね。

土肥: 3冊目はロッテにして、4冊目は巨人にして、5冊目は……と考えると、編集部側が追い詰められた気分になりませんか? 三匹目のドジョウ、四匹目のドジョウとなって、十匹目のドジョウを狙いにいったら、先方から「ウチは10番目かよ。おたくら感じ悪いなあ」と嫌味を言われるかもしれません。

瀧本: そーなんですよ。「いまごろ声をかけてくるなよ」と言われかねません。冒頭で申し上げたように、なぜ球団仕様のモノを開発したのかというと「低迷していた辞書のすそ野を広げる」ため。第一弾、第二弾は一定の成果を出すことができたので、「じゃあ次は〇〇球団で」と安易に決めていてはいけません。

 紙の辞書の魅力をどのようにすれば、伝えることができるのか。そのために、企画力をもっともっと磨いていかなければいけません。

(終わり)

書籍&CDが出ました!

 ITmedia ビジネスオンラインの連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)が発売されました。本連載「水曜インタビュー劇場」の人気記事をピックアップして、大幅に加筆。また弊誌では掲載していない記事もご紹介しています。また、本連載をまとめた『ササる戦略』(三才ブックス)も発売していますので、合わせてどうぞ。

 さらに、水曜インタビュー劇場のMCを務める土肥義則のCDが発売されました。「全国経営者セミナー」での講演を収録していますので、ぜひビジネスのヒントに!


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ